Office Hack

Officeの機能を無料で使う方法(オンライン版や互換ソフトなど)

  • Release

Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)には、Office 2016などの永続版(買い切り版)やMicrosoft 365 Personalなどのサブスクリプション型の他に、Microsoft Office OnlineやOffice Mobileなどの無料で利用できるサービスがあります。

また、MicrosoftのWordなどのソフトで作成されたファイルを閲覧したり、編集したりするには、オフィス互換ソフトを利用する方法もあります。

この記事では、Microsoft Officeの機能を無料で利用するいくつかの方法をご紹介します。

Microsoft Officeの無料サービスを使う

Microsoft Officeには、オンライン版やモバイル版、体験版などの無料で利用できるサービスがあります。

Microsoft Office Onlineを使う

Microsoft Office Onlineは、WordやExcelなどオフィスソフトをWeb上で利用できるMicrosoft Officeの「オンライン版」です。

無料で利用できますが、Microsoftアカウントとネット環境が必要になります。

Microsoft Office Onlineの特徴や使い方などの詳細は、下記記事にございます。ご参照ください。

Office Mobileを使う

Office Mobileは、iPadやiPhone、Android OSのタブレット端末やスマートフォン、Windows 10 OSのタブレット端末などにアプリをダウンロード/インストールして使用できるMicrosoft Officeのモバイル端末向けソフトウェアです。

10.1インチ以下の端末であれば、WordやExcelなどのOfficeソフトで作成されたファイルの閲覧と簡易な編集機能が無料で利用できます。

Office Mobileについて、詳しくは下記の記事をご参照ください。

Microsoft 365 Personalの体験版を使う

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)は、1ヵ月無料で体験することができます。

Microsoft 365 Personalの4つのメリット
(旧称 Office 365 Solo)

  1. 常に最新バージョンが利用可
  2. Word/Excel/PowerPoint/Outlook/Publisher/Accessのすべてが使える
  3. 1ライセンス1ユーザー、無制限にインストール可(Windows/Mac/タブレット/スマホ、複数OK)
  4. 1TBのOneDriveオンラインストレージがついてくる
体験版より年間契約がお得な理由

1ヶ月間無料で試す

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

Microsoft 365 Personalの特徴や体験版をインストールする方法、解約する方法などは下記記事に記載がございます。ご参照ください。

学生用のMicrosoft Officeを使う

Microsoft Officeには、学生用のOffice 365 Educationがあり、無料で利用できるバージョンがあります。

学生用のOfficeを使う

学校とMicrosoftの契約により、無料で利用できる範囲や機能が異なるため、学校のメールアドレスをお持ちの方は、MicrosoftのOffice 365 Educationサイトに①『学校のメールアドレス』を入力し、②【はじめましょう】ボタンを押してご確認ください。

学生用のMicrosoft Officeについて、詳しくは下記の記事をご参照ください。

無料の互換ソフトを使う

文章作成、表計算、プレゼンテーション作成などオフィスで使うソフトウェア一式をそろえたものは、オフィススイートとよばれています。

Microsoft以外にも、キングソフトやGoogleなどの企業や、The Document Foundationなどの非営利組織もオフィススイートを提供しています。Microsoft製以外のオフィススイートのうち、Microsoft Officeとの互換性のあるものがOffice互換ソフトとよばれています。

主なOffice互換ソフトの価格や利用形態は下記のとおりです。

提供元ソフト名価格
(税込)
ダウンロード版オンライン版
(クラウド版)
Apache Software 
Foundation
Apache
OpenOffice
無料×
The Document
Foundation
LibreOffice無料×
GoogleGoogleドキュメント
Googleスプレッドシート
Googleスライド
無料×
キングソフト㈱WPS Office 2¥5,164×
㈱ジャングルPolaris Office¥2,980
MobiSystemsOfficeSuite¥9,980

Office互換ソフトについては、下記の記事に記載がございます。ご参照ください。

このセクションでは、Office互換ソフトのうち、無料で利用できるGoogleのオフィススイートと、無料でダウンロード/インストールし利用できるApache OpenOfficeやLibreOfficeをご紹介します。

Googleのオフィススイートについて

Googleのオフィススイートは、Googleドライブに保存され、Web上で作成、編集ができるオンライン型です。

無料で利用できますが、Googleアカウントとネット環境が必要です。

Googleのオフィススイートと、Microsoftのオフィスソフトの対応は下記のとおりです。

MicrosoftGoogle
WordGoogleドキュメント
ExcelGoogleスプレッドシート
PowerPointGoogleスライド

GoogleドキュメントなどGoogleのオフィススイートについて、詳しくは下記の記事をご覧ください。

Apache OpenOfficeについて

Apache OpenOfficeは、ライセンス使用料を取らないため、無料でダウンロード/インストールし、利用することができます。

Apache OpenOfficeとMicrosoftの各オフィスソフトの対応は下記のとおりです。

Microsoft OfficeApache OpenOffice
WordWriter
ExcelCalc
PowerPointImpress

Apache OpenOfficeをダウンロードする方法や使い方などは、下記の記事をご覧ください。

LibreOfficeについて

LibreOfficeは、創立時の公約に「全ての人が無料でオフィススイートを利用できるようにすることで、パソコンを使える人と使えない人の間に生まれる情報格差をなくしていくこと」と掲げる、非営利組織のThe Document Foundationが無料で提供しているオフィススイートです。

Apache OpenOfficeとMicrosoftの各オフィスソフトの対応は下記のとおりです。

Microsoft OfficeLibreOffice
WordWriter
ExcelCalc
PowerPointImpress

LibreOfficeの評判や、ダウンロード方法、使い方などは、下記の記事をご覧ください。

Officeソフトの改造行為について

「Office 2013 永久 無料」などのキーワードで検索されている方もいるようですが、Office 2013の無料体験版から使用期限を外し使い続ける行為はMicrosoft Officeソフトの改造行為となります。

また、Office 2010などの古いバージョンであっても、プロダクトキーを生成する行為もMicrosoftのライセンス違反となります。

改造やプロダクトキー生成のためにダウンロードしたクラックソフトによって、PCの不具合や破損、個人情報の流出などがおきても補償やサポートはされません。

WordやExcelなどのファイルを無料で編集したい場合には、上記に記載しておりますMicrosoftのオンライン版やモバイル版などの無料サービスや、LibreOfficeなどの無料の互換ソフトの利用をおすすめします。

このページを見ている人におすすめの商品

3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top