Office Hack

WordのVBAでできること(操作)

  • Release
  • Update

Wordで毎回同じパターンの作業を行っていることはありませんか?

VBAを使えば、一連の作業を自動化することができ、データの内容によっては、複雑な処理も完全に自動化することができます。

本記事では、WordのVBAを使う際の事前準備、マクロ有効文書の作成方法、すでに記録されているVBAを実行する方法、WordのVBAでできる操作方法についてご紹介します。

VBAを使いこなすことができれば、労力や作業時間を劇的に削減/短縮することができます。

WordのVBAを使う際の事前準備

WordでVBAを使いたいけど、「どうやって始めればいいの?」と悩んでいる人は多いはずです。

以下では、WordでVBAを使うための事前準備について説明します。

開発タブを表示する

WordでVBAを使うには、開発タブを表示させる必要があります。

下記では、開発タブの表示方法について説明します。

ファイルタブを選択

【ファイル】タブを選択します。

オプションタブを選択

【オプション】タブを選択します。

開発にチェックマーク

「Word のオプション」ダイアログボックスが表示されました。

①【リボンのユーザー設定】タブを選択し、②「開発」に【チェックマーク】を入れ、③【OK】ボタンを押します。

開発タブの表示

リボンに開発タブが表示されました。

VBAを起動する

WordのVBAを起動する方法については、以下のとおりです。

Visual Basic の選択

①【開発】タブ、②【Visual Basic】の順に選択します。

VBAの起動

「Microsoft Visual Basic Applications」が起動しました。

プロジェクトの表示方法

Microsoft Visual Basic Applicationsを開いたとき、画面の左側に「プロジェクト」がないことに気づき、「ThisDocumentを表示したい」と思うことがあると思います。

下記では、Microsoft Visual Basic Applicationのプロジェクトの表示方法について説明します。

プロジェクト エクスプローラーの選択

①【表示】タブ、②【プロジェクト エクスプローラー】の順に選択します。

プロジェクトの表示

画面左にプロジェクトが表示されました。

マクロ有効文書の作成方法

WordのVBAを操作する上で必要になってくるのが、「マクロ有効文書」です。

「名前を付けて保存」機能の「ファイルの種類」を操作することで、マクロ有効文書を作成することができます。

マクロ有効文書(.docm)を作成する手順は、以下のとおりです。

docxファイル

Wordファイル(.docx)を【ダブルクリック】で開きます。

ファイルタブを選択

【ファイル】タブを選択します。

このPCを選択

①【名前を付けて保存】タブ、②【このPC】の順に選択します。

マクロ有効テンプレートの設定

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。

①【お好きなフォルダー(例:デスクトップ)】を選択し、②『ファイル名(例:table.docm)』を入力します。

③プルダウンから【Word マクロ有効文書(*.docm)】を選択し、④【保存】ボタンを押します。

docmファイル

マクロ有効文書を作成することができました。

すでに記録されているVBAを実行する方法

すでに記録されているVBA(マクロ)を実行する方法については、以下のとおりです。

今回は改行を削除するVBA(マクロ)を実行します。

マクロを選択

①【開発】タブ、②【マクロ】の順に選択します。

マクロを選択して実行

「マクロ」ダイアログボックスが表示されました。

ここでは、①【マクロ名(例:newline)】を選択し、②【実行】ボタンを押します。

マクロが実行

マクロが実行されました。

ページ内の改行がすべて削除されました。

WordのVBAでできること(操作)

WordのVBAでできることについては、下記をご覧ください。

ワードを開く

このセクションでは、ワードで別ファイルを開くVBAについてご紹介します。

今回は.docxファイルのデータ(table.docx)から作成した.docmファイル(table.docm/マクロ有効文書)を使用します。

今回の実験では、新規作成した.docxで.docmファイル(table.docm/マクロ有効文書)へのマクロを行おうとしても実行ができませんでしたので、ご注意ください。

table.docx

docxファイル(table.docx)とdocmファイル(table.docm/マクロ有効文書)を両方用意します。

docxファイル(例:table.docx)を開きます。

Visual Basicを選択

①【開発】タブ、②【Visual Basic】の順に選択します。

マクロの実行

「Microsoft Visual Basic for Applications」が起動しました。

①【ThisDocument】を選択します。

②以下のコードを入力します。


Sub OpenFile()
Documents.Open FileName:="table.docm"
End Sub

③【マクロの実行】を選択します。

閉じる

【×】ボタンを押して「Microsoft Visual Basic for Applications」ダイアログボックスを閉じます。

マクロ有効ファイルが開いた

table.docmのマクロ有効文書が開いていることがわかりました。

検索する

このセクションでは、WordのVBAを使って検索を行う方法について説明します。

マクロ有効文書を開く

マクロ有効文書(例:table.docm)を【ダブルクリック】で開きます。

検索したい語句の確認

今回は、「ZZZZZZZZZ」の文字を検索してみましょう。

「ZZZZZZZZZ」より前の位置に【カーソル】を入れます。

Visual Basic

①【開発】タブ、②【Visual Basic】の順に選択します。

検索のコードを入力

①【ThisDocument】を選択します。

②以下のコードを入力します。


Sub search()
With Selection.Find
.Text = "ZZZZZZZZZ"
.MatchByte = True
.MatchCase = True
.Execute
End With
End Sub

③【マクロの実行】を選択します。

閉じる

【×】ボタンを押して「Microsoft Visual Basic for Applications」ダイアログボックスを閉じます。

検索した語句が選択される

「ZZZZZZZZZ」の文字が検索され、選択されました。

改行を削除する

このセクションでは、ページ全体の改行を削除するWordのVBAについて説明します。

老人と海.docmを開く

マクロ有効文書(例:老人と海.docm)を【ダブルクリック】で開きます。

改行有りの状態

すでに改行が文章中に入っていることを確認します。

Visual Basic

①【開発】タブ、②【Visual Basic】の順に選択します。

マクロの実行を選択

「Microsoft Visual Basic for Applications」ダイアログボックスが表示されました。

①【ThisDocument】を選択します。

②以下のコードを入力します。


Sub newline()
With ActiveDocument.Content
.Text = Replace(.Text, vbCr, "")
End With
End Sub

③【マクロの実行】を選択します。

閉じる

【×】ボタンを押して「Microsoft Visual Basic for Applications」ダイアログボックスを閉じます。

改行が削除された

ページ全体の改行が削除されました。

その他WordのVBAでできること

その他WordのVBAでできることは、以下の例などが挙げられます。

  • ファイル名を取得する
  • 表を作成する
  • 図形を挿入する
  • 差し込み印刷をする
  • 段落記号を挿入する
  • 文書の一部を削除する
  • 段落の配置を設定する
  • フォントの設定を行う
  • 単語にルビを設定する
  • 文字を線で囲む
  • 行間を設定する
  • インデントを設定する
  • スタイルを設定する
  • 文字列を置換する
  • 文字種を変更する
  • コメントを一括で変更する
  • 図形を一括で操作する
  • 用紙サイズを変更する
  • 1ページの行数を変更する
  • ヘッダー/フッターを変更する

WordのVBAについてさらに詳しく知りたい方は、以下の本がおすすめです。

Microsoft Word VBA Codes Are Easy to Learn Under an Hour for Some People (VBA Codes Are Fun, Simple, and Easy to Learn In One Hour or Less) (English Edition)

Microsoft Word VBA Codes Are Easy to Learn Under an Hour for Some People (VBA Codes Are Fun, Simple, and Easy to Learn In One Hour or Less) (English Edition)


91ページ

\Kindle本ビジネス書キャンペーン 最大70%OFF/Amazonで価格を見る

\毎月5と0のつく日 楽天カード利用でポイント5倍/楽天市場で価格を見る

    コメント

    この記事へのコメントをお寄せ下さい。

    0 コメント
    すべてのコメントを表示