Office Hack

WordのVBAでできること(操作)

  • Release

Wordで毎回同じパターンの作業を行っていることはありませんか?

VBAを使えば、一連の作業を自動化することができ、データの内容によっては、複雑な処理も完全に自動化することができます。

本記事では、WordのVBAを使う際の事前準備、マクロ有効文書の作成方法、すでに記録されているVBAを実行する方法、WordのVBAでできる操作方法についてご紹介します。

VBAを使いこなすことができれば、労力や作業時間を劇的に削減/短縮することができます。

WordのVBAを使う際の事前準備

WordでVBAを使いたいけど、「どうやって始めればいいの?」と悩んでいる人は多いはずです。

以下では、WordでVBAを使うための事前準備について説明します。

開発タブを表示する

WordでVBAを使うには、開発タブを表示させる必要があります。

下記では、開発タブの表示方法について説明します。

ファイルタブを選択

【ファイル】タブを選択します。

オプションタブを選択

【オプション】タブを選択します。

開発にチェックマーク

「Word のオプション」ダイアログボックスが表示されました。

①【リボンのユーザー設定】タブを選択し、②「開発」に【チェックマーク】を入れ、③【OK】ボタンを押します。

開発タブの表示

リボンに開発タブが表示されました。

VBAを起動する

WordのVBAを起動する方法については、以下のとおりです。

Visual Basic の選択

①【開発】タブ、②【Visual Basic】の順に選択します。

VBAの起動

「Microsoft Visual Basic Applications」が起動しました。

プロジェクトの表示方法

Microsoft Visual Basic Applicationsを開いたとき、画面の左側に「プロジェクト」がないことに気づき、「ThisDocumentを表示したい」と思うことがあると思います。

下記では、Microsoft Visual Basic Applicationのプロジェクトの表示方法について説明します。

プロジェクト エクスプローラーの選択

①【表示】タブ、②【プロジェクト エクスプローラー】の順に選択します。

プロジェクトの表示

画面左にプロジェクトが表示されました。

マクロ有効文書の作成方法

WordのVBAを操作する上で必要になってくるのが、「マクロ有効文書」です。

「名前を付けて保存」機能の「ファイルの種類」を操作することで、マクロ有効文書を作成することができます。

マクロ有効文書(.docm)を作成する手順は、以下のとおりです。

docxファイル

Wordファイル(.docx)を【ダブルクリック】で開きます。

ファイルタブを選択

【ファイル】タブを選択します。

このPCを選択

①【名前を付けて保存】タブ、②【このPC】の順に選択します。

マクロ有効テンプレートの設定

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。

①【お好きなフォルダー(例:デスクトップ)】を選択し、②『ファイル名(例:table.docm)』を入力します。

③プルダウンから【Word マクロ有効文書(*.docm)】を選択し、④【保存】ボタンを押します。

docmファイル

マクロ有効文書を作成することができました。

すでに記録されているVBAを実行する方法

すでに記録されているVBA(マクロ)を実行する方法については、以下のとおりです。

今回は改行を削除するVBA(マクロ)を実行します。

マクロを選択

①【開発】タブ、②【マクロ】の順に選択します。

マクロを選択して実行

「マクロ」ダイアログボックスが表示されました。

ここでは、①【マクロ名(例:newline)】を選択し、②【実行】ボタンを押します。

マクロが実行

マクロが実行されました。

ページ内の改行がすべて削除されました。

WordのVBAでできること(操作)

WordのVBAでできることについては、下記をご覧ください。

ワードを開く

このセクションでは、ワードで別ファイルを開くVBAについてご紹介します。

今回は.docxファイルのデータ(table.docx)から作成した.docmファイル(table.docm/マクロ有効文書)を使用します。

今回の実験では、新規作成した.docxで.docmファイル(table.docm/マクロ有効文書)へのマクロを行おうとしても実行ができませんでしたので、ご注意ください。

table.docx

docxファイル(table.docx)とdocmファイル(table.docm/マクロ有効文書)を両方用意します。

docxファイル(例:table.docx)を開きます。

Visual Basicを選択

①【開発】タブ、②【Visual Basic】の順に選択します。

マクロの実行

「Microsoft Visual Basic for Applications」が起動しました。

①【ThisDocument】を選択します。

②以下のコードを入力します。


Sub OpenFile()
Documents.Open FileName:="table.docm"
End Sub

③【マクロの実行】を選択します。

閉じる

【×】ボタンを押して「Microsoft Visual Basic for Applications」ダイアログボックスを閉じます。

マクロ有効ファイルが開いた

table.docmのマクロ有効文書が開いていることがわかりました。

検索する

このセクションでは、WordのVBAを使って検索を行う方法について説明します。

マクロ有効文書を開く

マクロ有効文書(例:table.docm)を【ダブルクリック】で開きます。

検索したい語句の確認

今回は、「ZZZZZZZZZ」の文字を検索してみましょう。

「ZZZZZZZZZ」より前の位置に【カーソル】を入れます。

Visual Basic

①【開発】タブ、②【Visual Basic】の順に選択します。

検索のコードを入力

①【ThisDocument】を選択します。

②以下のコードを入力します。


Sub search()
With Selection.Find
.Text = "ZZZZZZZZZ"
.MatchByte = True
.MatchCase = True
.Execute
End With
End Sub

③【マクロの実行】を選択します。

閉じる

【×】ボタンを押して「Microsoft Visual Basic for Applications」ダイアログボックスを閉じます。

検索した語句が選択される

「ZZZZZZZZZ」の文字が検索され、選択されました。

改行を削除する

このセクションでは、ページ全体の改行を削除するWordのVBAについて説明します。

老人と海.docmを開く

マクロ有効文書(例:老人と海.docm)を【ダブルクリック】で開きます。

改行有りの状態

すでに改行が文章中に入っていることを確認します。

Visual Basic

①【開発】タブ、②【Visual Basic】の順に選択します。

マクロの実行を選択

「Microsoft Visual Basic for Applications」ダイアログボックスが表示されました。

①【ThisDocument】を選択します。

②以下のコードを入力します。


Sub newline()
With ActiveDocument.Content
.Text = Replace(.Text, vbCr, "")
End With
End Sub

③【マクロの実行】を選択します。

閉じる

【×】ボタンを押して「Microsoft Visual Basic for Applications」ダイアログボックスを閉じます。

改行が削除された

ページ全体の改行が削除されました。

その他WordのVBAでできること

その他WordのVBAでできることは、以下の例などが挙げられます。

  • ファイル名を取得する
  • 表を作成する
  • 図形を挿入する
  • 差し込み印刷をする
  • 段落記号を挿入する
  • 文書の一部を削除する
  • 段落の配置を設定する
  • フォントの設定を行う
  • 単語にルビを設定する
  • 文字を線で囲む
  • 行間を設定する
  • インデントを設定する
  • スタイルを設定する
  • 文字列を置換する
  • 文字種を変更する
  • コメントを一括で変更する
  • 図形を一括で操作する
  • 用紙サイズを変更する
  • 1ページの行数を変更する
  • ヘッダー/フッターを変更する

WordのVBAについてさらに詳しく知りたい方は、以下の本がおすすめです。

[Word 応用]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top