Office Hack

作業がはかどる!Wordのリボン操作に関するショートカットキー

  • by masahiro
  • Release
  • Update

Wordの画面上部にある機能アイコンで表示してあるエリアをリボンと呼びます。実は、このリボンをショートカットキーで操作することができます。

ショートカットキーを覚えてしまえばマウスとキーボードを行き来することなく多くの機能をキーボード操作のみで使うことができ、作業がとてもはかどります。

ここではリボンに関するショートカットキーを詳しくご紹介しています。

Wordのショートカットキー一覧PDFをプレゼント!

245種類のショートカットキーがまとめられているPDFを、「Facebookページへのいいね!」や「Twitterのフォロー」をしていただいた方へプレゼントいたします。

タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもWordのショートカットキーを確認できます。PDFの入手方法としては、以下の2つのどちらかを選択ください。

Twitter経由でPDFを入手する

  1. を押してフォローします。※要ログイン
  2. フォロー後、Office Hack Twitterページで【ダイレクトメッセージ】ボタンを押します
  3. メッセージに「WordショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて送信すると、こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

Facebook経由でPDFを入手する

  1. を押します。※要ログイン
  2. いいね!後、Office Hack Facebookページで【メッセージを送る】ボタンを押します
  3. メッセージに「WordショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて送信すると、こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

リボンの展開と折りたたみを切り替える

リボンの展開と折りたたみ

ページを用意します。

※赤枠がリボンのコマンドエリアです。

リボンが閉じる

Ctrl+F1を押すと、リボンが閉じます。

Macの場合:optionR

リボンの再表示

もう一度押すと、リボンが再び表示されます。

ウィンドウ内の画面要素を切り替える

ステータスバーにフォーカス

ページを用意し、F6を押すと、左下のステータスバーの赤枠にフォーカスします。

Macの場合:F6

リボンにフォーカス

もう一度同じボタンを押すと、リボンにフォーカスし、数字やアルファベットが表示されます。

タブの一覧に移動する

タブの一覧に移動

Altを押すと、タブに数字やアルファベットが表示されます。

この数字やアルファベットのキーを押すと、タブや機能を選択できます。

Backstageビューを表示する

backstageビューへ

AltFを押すとファイルが開き、Backstageビューが表示されます。

※「Backstage(バックステージ)ビュー」とは、ファイルタブから入るアカウントやオプションの確認、各種設定などを行う画面のことです。

Backstageビューを開く

Backstageビューが開きました。

「ホーム」タブを開く

ホームタブ

AltHを押すと、「ホーム」タブが開いた状態になります。

「挿入」タブを開く

挿入タブ

AltNを押すと、「挿入」タブが開いた状態になります。

「デザイン」タブを開く

デザインタブ

AltGを押すと、「デザイン」タブが開いた状態になります。

「レイアウト」タブを開く

レイアウトタブ

AltPを押すと、「レイアウト」タブが開いた状態になります。

「参考資料」タブを開く

参考資料タブ

AltSを押すと、「参考資料」タブが開いた状態になります。

「差し込み文書」タブを開く

差し込み文書タブ

AltMを押すと、「差し込み文書」タブが開いた状態になります。

「校閲」タブを開く

校閲タブ

AltRを押すと、「校閲」タブが開いた状態になります。

「表示」タブを開く

表示タブ

AltWを押すと、「表示」タブが開いた状態になります。

ヘルプコンテンツの検索語句を入力する

ヘルプコンテンツ

AltQを押すと、ヘルプコンテンツの検索語句が入力できる状態になります。

「ズーム」ダイアログボックスを開く

ズームダイアログボックス

AltWQを押すと、ズームダイアログボックスが開きます。

「オブジェクトの挿入」ダイアログボックスを開く

オブジェクトの挿入ダイアログボックス

AltNJJを押すと、「オブジェクトの挿入」ダイアログボックスが開きます。

「言語の選択」ダイアログボックスを開く

言語の選択ダイアログボックス

AltRULを押すと、「言語の選択」ダイアログボックスが開きます。

Officeクリップボードを開く

Officeクリップボード

AltHFOを押すと、Officeクリップボードが開きます。

タブからリボンに移動する

タブからリボンへ

ページを用意し、Altを押すと、各タブにアルファベットが表示された状態となります。

リボンのアイコン

ここでを押すと、リボンのアイコンに移動します。

リボン上のグループ間を移動する

リボンにアイコン

ページを用意し、Altを押すと、「クリップボード」グループの「貼り付け」のコマンドに移動します。

リボンのグループ間移動

ここでCtrl+を1回押すと、画面の矢印の位置に移動しました。

Ctrlまたはを押すことで、リボン上のグループ間を移動することができます。

選択したプルダウンメニューの一覧を開く

プルダウンメニューが選択された状態

プルダウンメニューが選択された状態のページを用意します。

選択したプルダウンメニューの一覧

ここでを1回押すと、選択したプルダウンメニューの一覧が表示されました。

プルダウンメニューの項目間を移動する

プルダウンメニューが開いた状態

プルダウンメニューが開いた状態でのページを用意します。

項目間を上下に移動

を押すことで項目間を上下に移動することができます。

プルダウンメニューを選択する

HGPゴシックE

プルダウンメニューが開いた状態でのページを用意します。

例えば、「HGPゴシックE」にカーソルを合わせ、Enterを1回押します。

プルダウンメニューを選択

「HGPゴシックE」が入力されました。

リボンのアクティブタブを選択した後、上下左右に移動する

リボンのアクティブタブ

ページを用意し、Altを一度押します。

現在は「ホーム」タブがアクティブ状態になっている状態です。

タブ間の移動

を押して好きなタブへ移動します。

アクセスしたいタブを選択

好きなタブを選択したら、を押し、リボンへ移動します。

リボンの中を、を押すことで移動することができます。

リボン上のコマンドにフォーカスを移す

Tabでリボン上にフォーカス

AltTabを押すと、リボン上にフォーカスが移ります。

リボン上の各コマンドを右へ移動する

リボン上の各コマンドが右へ移動

リボンにフォーカスがある状態でTabを押すと、リボン上の各コマンドが右へ移動します。

リボン上の各コマンドを左へ移動する

リボン上の各コマンドが左へ移動

リボンにフォーカスがある状態でShift+Tabを押すと、リボン上の各コマンドが左へ移動します。

選択した項目のショートカットメニューを表示する

リボンのアクティブタブ

ページを用意し、Altを一度押します。

「ホーム」タブを選択した状態で、Shift+F10を押すとショートカットメニューが表示されます。

他のショートカットキーも合わせてチェック!

ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください