Office Hack

Microsoft 365(Office 365)でOneDriveを使う方法

  • Release
  • Update

本記事では、Microsoft 365(Office 365)でOneDriveを使う方法について解説しています。

サインイン方法や設定の見方など、基本的な使用方法をWindows 10とMacの場合に分けて記載しておりますので、必要の際にお役立てください。

OneDriveとは?

OneDrive(ワンドライブ)はMicrosoftの提供するオンラインストレージサービスで、Officeファイルはもちろんのこと、写真や動画など様々なデータをクラウド上にまとめて保存ができます。

PCだけでなくスマートフォンやタブレットなどのデバイスからもアクセスができ、場所や端末を問わずファイルの閲覧・編集が可能です。

Microsoft 365でのOneDriveの使い方

このセクションでは、Windows 10でMicrosoft 365のOneDriveを使う方法について解説します。

インストール

OneDriveをインストールするに当たり、Microsoft 365 Personal(Office 365 Solo)とMicrosoft 365 Business/Microsoft 365 Educationではアプリのインストール方法が異なります。

Microsoft 365 Personalをお使いの方は、下記の記事「Microsoft 365 Personalをインストールする」のセクションをご参照ください。

Microsoft 365 Business/Microsoft 365 Educationをお使いの方は、下記の記事「Office 365 Educationのサインイン(ログイン)方法」と「Officeアプリのインストール方法」のセクションをご参照ください。

Microsoft 365 Enterpriseをお使いの方は、ライセンスの割り当てなどの問題もありますので、各企業のご担当者にご確認ください。

サインイン(ログイン)

このセクションでは、Windows 10でOneDriveにサインインする方法を解説します。

office-365-onedrive スタート

①デスクトップ画面左下の【スタート】、②【OneDrive】を順に選択します。

office-365-onedrive アカウントサインイン

「Microsoft OneDrive」ダイアログボックスが表示されました。

①『メールアドレス』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

office-365-onedrive チュートリアル1

【次へ】ボタンを押します。

office-365-onedrive チュートリアル2

【次へ】ボタンを押します。

office-365-onedrive チュートリアル3

【次へ】ボタンを押します。

office-365-onedrive チュートリアル4

【次へ】ボタンを押します。

office-365-onedrive チュートリアル5

モバイルアプリに関して、【任意の回答(例:後で)】ボタンを押します。

office-365-onedrive チュートリアル6

【OneDrive フォルダーを開く】ボタンを押します。

office-365-onedrive サインイン完了

OneDriveへのサインインが完了しました。

設定の確認

このセクションでは、OneDriveの設定を確認する方法について解説します。

office-365-onedrive 設定

①デスクトップ右下の【OneDrive(青い雲マーク)】を選択します。

②【ヘルプと設定】、③【設定】の順に選択します。

office-365-onedrive 設定 アカウント

OneDriveの設定画面が表示されました。

各タブで同期の自動設定や、アカウント、バックアップ、ネットワークの管理、バージョン情報の確認などができます。

容量の確認

OneDriveの空き容量も、上記セクションと同様の方法で確認ができます。

office-365-onedrive 空き容量

設定画面を開くと「アカウント」タブが最初に表示されますので、「赤枠内」より空き容量の確認ができます。

容量の制限については、5GB~無制限までと各プランによって異なります。

「容量がいっぱいです」というようなメッセージが表示された場合は、メッセージの表示に従い不要なファイルを削除するか、追加の容量を購入しましょう。

PCと同期する

OneDriveとPCを同期する方法についても、上記セクションと同様に設定画面から行うことができます。

office-365-onedrive 同期

設定画面を開き、「アカウント」タブの【フォルダーの選択】を選択します。

office-365-onedrive 同期 フォルダーの選択

①【同期したいフォルダー】にチェックマークを入れ、②【OK】ボタンを押します。

これで選択したフォルダーが自動的に同期されるようになります。

アプリを無効化する

OneDriveの同期を停止するにはいくつか方法がありますが、最も簡単な方法はPCとのリンクを解除することです。

PCとのリンクの解除も、設定画面から行えます。

office-365-onedrive リンクの解除

設定画面を開き、「アカウント」タブの【この PC のリンク解除】を選択します。

office-365-onedrive アカウントのリンク解除

「Microsoft OneDrive」ダイアログボックスが表示されました。

【アカウントのリンク解除】ボタンを押します。

OneDriveが無効化されました。

データの共有

このセクションでは、OneDriveに保存されたデータを共有する方法について解説します。

office-365-onedrive onedriveを開く

OneDriveのフォルダーを開き、①【共有したいファイル】を右クリックします。

出てきたメニューの中から②【共有】を選択します。

office-365-onedrive リンクの共有

「リンクの送信」画面が表示されました。

【リンクを知っていれば誰でも編集できます】を押します。

office-365-onedrive リンクの共有範囲

「リンクの設定」画面が表示されました。

①【任意の共有範囲(例:リンクを知っているすべてのユーザー)】を選択し、②【適用】ボタンを押します。

office-365-onedrive 共有アドレス

①『共有したい相手のメールアドレス』、②『メッセージ(省略可能)』の順に入力します。

③【送信】ボタンを押します。これでデータの共有が完了しました。

共有された相手は、送られてきたリンクにアクセスすることで、データの閲覧と編集が可能になります。

OneDrive for Businessで外部共有を禁止する

OneDrive for Businessで外部共有を禁止するには、管理者権限をもつユーザーが管理センターから設定を変更する必要があります。

方法の詳細は、公式サイト「ユーザーの OneDrive の外部共有設定を変更する」をご参照ください。

セキュリティについて

Microsoft 365のサブスクリプションを使用している場合、OneDriveは高度なセキュリティで守られ、ウイルスやサイバー犯罪などの悪意のある攻撃から高い確率で防いでもらえるようです。

その他OneDriveに保存されたデータを保護するために行えることとして、Microsoftは以下の項目を推奨しています。

  • 強力なパスワードを作成する
  • Microsoftアカウントにセキュリティ情報を追加する
  • 2要素認証を使用する
  • モバイルデバイスで暗号化を有効にする

それぞれの詳しい方法については、公式サイト「クラウドのデータを OneDrive で安全に保護する方法」をご参照ください。

MacでのOneDriveの使い方

このセクションでは、MacでMicrosoft 365のOneDriveを使う方法について解説します。

インストール

MacへのOneDriveのインストール方法については、下記の記事をご参照ください。

サインイン

このセクションでは、MacでOneDriveにサインインする方法について解説します。

office-365-onedrive mac finder

デスクトップ画面左下の【Finder】を開きます。

office-365-onedrive mac onedriveアプリ

①【アプリケーション】タブを選択し、②【OneDrive】をダブルクリックします。

office-365-onedrive mac サインイン

「Microsoft OneDrive」ダイアログボックスが表示されました。

①『メールアドレス』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

office-365-onedrive mac 学校か職場か

【サインインするアカウント(例:職場または学校)】を選択します。

office-365-onedrive mac パスワード

①『パスワード』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

office-365-onedrive mac パスワード再入力

①『パスワード』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

office-365-onedrive mac チュートリアル1

【次へ】ボタンを押します。

office-365-onedrive mac チュートリアル2

【次へ】ボタンを押します。

office-365-onedrive mac チュートリアル3

【次へ】ボタンを押します。

office-365-onedrive mac チュートリアル4

【次へ】ボタンを押します。

office-365-onedrive mac チュートリアル5

モバイルアプリに関して、【任意の回答(例:スキップ)】ボタンを押します。

office-365-onedrive mac チュートリアル6

【OneDrive フォルダーを開く】ボタンを押します。

office-365-onedrive mac サインイン完了

OneDriveへのサインインが完了しました。

設定の確認

このセクションでは、MacでOneDriveの設定を確認する方法について解説します。

office-365-onedrive mac 設定

OneDriveを起動した状態で、①デスクトップ画面右上の【OneDrive(雲マーク)】を選択します。

②【ヘルプと設定】、③【基本設定】の順に選択します。

office-365-onedrive mac 基本設定

設定画面が表示されました。

Windows 10の場合と同様に、各タブで同期するフォルダーの選択や、アカウント、ネットワークの管理、バージョン情報の確認などができます。

データの共有

このセクションでは、MacでOneDriveのデータを共有する方法を解説します。

office-365-onedrive mac 共有

OneDriveのフォルダーを開き、①【共有したいデータ】を右クリックします。

出てきたメニューの中から②【共有】を選択します。

office-365-onedrive mac 共有リンク

「リンクの送信」画面が表示されました。

【リンクを知っていれば誰でも編集できます】を押します。

office-365-onedrive mac 共有リンク ユーザー

「リンクの設定」画面が表示されました。

①【任意の共有範囲(例:リンクを知っているすべてのユーザー)】を選択し、②【適用】ボタンを押します。

office-365-onedrive mac 共有リンク送信

①『共有したい相手のメールアドレス』、②『メッセージ(省略可能)』の順に入力します。

③【送信】ボタンを押します。

データの共有が完了しました。

このページを見ている人におすすめの商品

その他Officeに関する情報



3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top