Office Hack

Office 365 Homeとは?(米国の家族向けOfficeについて)

  • Release

Microsoft Officeには家族向けのMicrosoft 365 Family(旧Office 365 Home)があります。2020年10月12日現在、日本では販売されておりませんが、Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)との対比でときどき登場するので気にされていた方もいるかと思います。

この記事では、Microsoft 365 Family(旧Office 365 Home)の特徴やMicrosoft 365 Personal(旧Office 365 Solo) との違いなどをご紹介します。

Office 365 Homeとは?

Office 365 Homeは、Microsoft Officeの家族向けサブスクリプションです。2020年4月21日に、「Microsoft 365 Family」へと名称変更しました。

家庭向けMicrosoft 365(旧Office 365)の種類について

家庭向けMicrosoft 365(旧Office 365)には、個人向けのMicrosoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)と家族向けのMicrosoft 365 Family(旧Office 365 Home)があり、日本においては、Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)のみが販売されています。

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)について、詳しくは下記の記事をご参照下さい。

Microsoft 365 FamilyとMicrosoft 365 Personalの違い

Microsoft 365 FamilyとMicrosoft 365 Personalの違い、およびMicrosoft 365 Personalの日本独自仕様は下記のとおりです。

利用可能なユーザー数と商用利用については下記のセクションにも記載がございますのでご参照ください。

 Microsoft 365 FamilyMicrosoft 365 PersonalMicrosoft 365 Personal
(日本独自仕様)
利用可能なユーザ数6名
(1名+5名)
1名1名
商用利用不可不可可能
日本における販売なしなしあり
¥12,984 / 年(税込)
プランに含まれる
クラウド サービス
OneDriveOneDriveOneDrive
Web 版とモバイル版
のOfficeアプリ
Windows PC、Mac用
のOfficeアプリ
OneDrive(容量)1TB1TB1TB

提供されるサブスクリプションサービスや特典内容については、Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)とMicrosoft 365 Family(旧Office 365 Home)で差はありません。

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)で享受できる特典などについては、下記の記事をご参照下さい。

使用可能なユーザー数について

Microsoft 365 Personalは個人使用を想定しているため、利用可能なユーザー数は1名のみとなります。

Microsoft 365 Familyは購入した1名、およびMicrosoft Familyに登録したユーザー(最大5名まで)と共有できるため、最大6名で利用することが可能です。

商用利用について

家庭向けのMicrosoft 365であるMicrosoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)およびMicrosoft 365 Family(旧Office 365 Home)はともに商用利用不可となっております。

例外として、日本で販売されているMicrosoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)は商用利用も可能です。

Microsoft 365を家族で使いたい場合には?

2020年10月12日現在、日本においてMicrosoft 365 Family(旧Office 365 Home)の販売はありません。Microsoftでは販売国以外での利用を禁止しているため、Microsoft 365 Family(旧Office 365 Home)の利用は、Microsoftのライセンス規約違反となります。

家族分のMicrosoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)を購入するか、ビジネス用のMicrosoft 365 Businessの利用をご検討ください。

Microsoft 365 Businessは個人でも利用可能となっております。下記の表にMicrosoft 365 Businessの種類をまとめました。

※Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)は、Microsoft Storeでは¥12,984/年額(税込)で販売されているため、税抜き価格での月利用相当額はおよそ984円となります。

 Microsoft 365 Business
Basic
Microsoft 365 Business
Standard
Microsoft 365 Business
Premium
Microsoft 365 Apps
価格(税別)
1ユーザー/月相当
¥540¥1,360¥2,180
¥900
商用利用
プランに含まれる
クラウド サービス
OneDrive
SharePoint
Teams
Exchange
OneDrive
SharePoint
Teams
Exchange
OneDrive
SharePoint
Teams
Exchange
Intune
OneDrive
Web 版とモバイル版のOfficeアプリ
Windows PC、Mac用のOfficeアプリ×
OneDrive(容量) 1TB 1TB 1TB 1TB
法人メール×
Teamsでのオンライン会議やビデオ通話×
ビジネス管理と共有ツール×
高度な脅威対策×××

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)とMicrosoft 365 Business(旧Office 365 Business)の比較については、下記の記事もご参照ください。

このページを見ている人におすすめの商品

3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top