Office Hack

Outlookでバックアップを設定する方法

  • Release
  • Update

Outlookデータ(メール/予定表/アドレス帳)をバックアップしたい方は多いでしょう。本記事では、Outlookでバックアップを設定する方法について説明します。

Outlookのシステムの異常やパソコン故障の事態に備え、OutlookデータをOutlookの外の場所にバックアップするスキルを身につけていきましょう。

バックアップされたファイル拡張子

Outlookのデータ(メール/予定表/アドレス帳)をエクスポートしてバックアップする際は、以下の2種類の拡張子を選択することができます。

  • .pst(インストール版のみ)
  • .csv

バックアップの場所

ここでは、Outlookでバックアップを保存できる場所について説明します。

保存場所の選択

Outlookのデータをエクスポートしてバックアップする際、「デスクトップ」や「ドキュメント」など保存場所を指定することができます。

「Outlook データ ファイル」ダイアログボックスを開き、保存場所を選択することが可能です。「Outlook データ ファイル」ダイアログボックスの開き方は、下記の「予定表」の節を参照してください。

保存できない

保存場所を選択しても、エラーメッセージが出てOutlookのデータファイルが保存できない場合があります。その時は別の保存場所に変更してください。

バックアップの種類

メールデータ

以下の記事では、Outlookのメールデータをバックアップ/復元する方法について解説しています。

予定表

ここでは、Outlookの予定表をバックアップする方法について説明します。

ファイルタブを選択

Outlookの予定表を開きます。予定表をバックアップするには、最初に【ファイル】タブを選択します。

インポート/エクスポート

①【開く/エクスポート】タブ、②【インポート/エクスポート】の順に選択します。

ファイルをエクスポート

「インポート/エクスポート ウィザード」ダイアログボックスが表示されました。

①【ファイルにエクスポート】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

Outlook データ ファイル

「ファイルのエクスポート」ダイアログボックスが表示されました。①【Outlook データ ファイル(.pst)】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

予定表

「Outlook データ ファイルのエクスポート」ダイアログボックスが表示されました。①「エクスポートするフォルダー」の【「ズームスライダー」を下】にスクロールします。

②【予定表】を選択し、③【次へ】ボタンを押します。

参照

【参照】ボタンを押します。

ファイルを開く

「Outlook データ ファイルを開く」ダイアログボックスが表示されました。

①【保存場所(例:デスクトップ)】を選択し、②『ファイル名(例:backup)』を入力し、③【OK】ボタンを押します。

お好きなオプションを選択

「Outlook データ ファイルのエクスポート」ダイアログボックスが表示されました。

①【お好きなオプション】を選択し、②【完了】ボタンを押します。

パスワードの設定

「Outlook データ ファイルの作成」ダイアログボックスが表示されました。

①『パスワード』、②『パスワードの確認』をそれぞれ入力し、③【OK】ボタンを押します。

backup用パスワード設定

「Outlook データ ファイルのパスワード」ダイアログボックスが表示されました。

①『backup用パスワード』を入力し、②【OK】ボタンを押します。

Outlook データ ファイル

デスクトップにOutlook データ ファイル(予定表)がバックアップされました。

アドレス帳

以下の記事では、Outlookのアドレス帳データをバックアップする方法について解説しています。

自動でバックアップする方法

2020年2月20日現在、Outlookには自動でメールをバックアップする機能はありません。

メールのバックアップは上記のエクスポートの方法を使って手動で行ってください。

バックアップの復元(インポート)方法

以下の記事では、Outlookでバックアップしたデータをインポートする方法について解説しています。

アドレス帳のインポートの記事ですが、メールデータや予定表をバックアップする時も手順は同じです。

おすすめの商品をご紹介

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top