Office Hack

パワーポイントで動画作成を行う方法(音声や音楽の入れ方含む)

  • Release
  • Update

この記事では、パワーポイントで動画作成を行う方法をご紹介します。

スライドに音声(ナレーション)を入れる方法や、YouTube動画の作り方など、動画作成に役立つ情報を掲載しています。

プロモーションムービーや、結婚式の披露宴で流す動画制作の際にもご活用ください。

パワーポイントで動画作成を行う際のテクニック

パワーポイントで動画作成を行う際のテクニックをご紹介します。

動画を埋め込む

動画の埋め込みを行う方法について知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

動画の時間を調整(トリミング)する方法についてもご紹介しています。

パワーポイントの動画を埋め込み/再生/編集/保存する方法

パワーポイントでYouTubeの動画作成を行う

パワーポイントでYouTubeの動画作成を行う方法をご紹介します。パワーポイントはYouTubeに対応したMP4形式の動画作成が可能です。今回は、スライドに自分が写ったビデオ映像を挿入した動画を作ります。

作業時間:5分

パワーポイントを開く

スライドショーの記録

パワーポイントでビデオ映像を付けたいファイルを開きます。①【スライド ショー】タブ、②【スライド ショーの記録】、③【先頭から記録…】の順に選択します。

録画を開始する

記録

画面左上の【記録】ボタンを押すと、録画までのカウントダウンが始まります。カウントダウンの後、ビデオの録画が開始されます。カメラに写っている映像は画面右下に表示されています。

録画を停止する

記録の停止

録画が終わったら、画面左上の【停止】ボタンを押します。

映像を確認する

再生

画面左上の【再生】ボタンを押して、録画した映像を確認します。

映像の削除/撮り直しを行う

録音を削除

録画を撮り直したい場合は、①画面右上の【× クリア】、②【現在のスライドの録音をクリア】の順に選択します。映像の削除後、再度記録ボタンから録画を行ってください。

録画を終了する

閉じる

画面右上の【×】を押して録画画面を閉じます。

映像の位置とサイズを変更する

ビデオの移動

録画したビデオがスライドの右下に挿入されました。「ビデオ」を【ドラッグ】して表示位置を移動したり、「ビデオの四隅」を【ドラッグ】して、サイズを変更することができます。

映像の位置とサイズの変更完了

ビデオの移動完了

ビデオの位置とサイズを変更することができました。

ファイルを選択する

ファイル

画面左上の【ファイル】タブを選択して、ビデオの作成を行います。

ビデオの作成を行う

ビデオの作成

①【エクスポート】タブ、②【ビデオの作成】、③【任意の画質(例:フル HD)】、④【記録されたタイミングとナレーションを使用する】の順に選択します。⑤【ビデオの作成】ボタンを押します。

ビデオを保存する

名前を付けて保存

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。ファイルの種類が「MPEG-4 ビデオ(*.mp4)」になっていることを確認し、【保存】ボタンを押します。

ビデオの保存完了

ビデオファイル作成

MP4形式のビデオファイルとして保存することができました。(ビデオの保存に時間がかかる場合があります。)