Office Hack

エクセルの行の固定の情報まとめ

  • Release

エクセルで表やリストを作成する際に表が縦に長くなると、スクロールした時に見出しが消えてしまいデータが見づらくなることがあります。

この記事では、行を固定するための様々な方法をご紹介します。

行を固定することで、特定の行を常に表示できるため見やすい表を作成することが出来ます。

行を固定する方法

行を固定する方法は、以下の通りです。今回は一行目を固定します。

作業時間:1分

行を選択して固定する

ウィンドウ枠の固定を設定

①一行目を固定したいので2行目を選択します。②表示タブ、③ウィンドウ枠の固定、④ウィンドウ枠の固定の順に選択します。

行が固定される

行が固定できる

これで、行が固定されました。

スクロールして行の固定を確認する

スクロールして固定出来ているか確認する

スクロールバーを下げて、行が固定されていることを確認しましょう。

先頭行を固定する

先頭の行のみが固定される

エクセルの「行の固定」には、行を選択しなくても自動的に先頭行を固定する「先頭行を固定」という設定があります。

上の画像は、「先頭行を固定」したシートの例です。

表などの見出しは必ず一行目に入力されるため、この機能を使えばすぐに見出し行を固定出来ます。

先頭行を固定する設定方法については、以下の記事をご参照ください。

エクセルで先頭行(1行目)を固定する方法

先頭行が固定されない

エクセルの「先頭行の固定」は必ず一行目を固定するのではなく、表示されている行で一番上にある行を固定します。

先頭行の固定を選択する

例えば、上の画像のシートでは10行目が一番上の行として表示されています。

このまま先頭行の固定を設定します。

表示タブ、②ウィンドウ枠の固定、③先頭行の固定の順に設定します。

表示されている行が先頭行として固定される

10行目が先頭行として固定されました。

スクロールバーを下げると10行目が固定されていることが分かります。

このように、先頭行の固定では表示されている行で一番上にある行が固定されます。

一行目を固定したい場合は、必ず表示させてから設定するようにしましょう。

先頭行を固定して印刷する

タイトル行の印刷

上の画像は、先頭行を固定して印刷したエクセルのシートです。

通常、表を印刷すると2枚目以降には見出しが表示されないため、どんなデータなのかが分かりづらくなります。

先頭行を固定をすると、上の画像のように印刷が複数枚にわたって行われても必ず一行目に見出しが表示されます。

先頭行を固定して印刷する方法については、以下の記事をご参照ください。

エクセルで先頭行を固定して印刷する方法

タイトル行が設定できない

設定の手順によっては、タイトル行(先頭行)が印刷できない場合があります。

先頭行を設定して印刷できない場合の対処法については以下の記事をご参照ください。

Excelでタイトル行が設定できない場合

複数行を固定する

複数行が固定される

行の固定では、任意の行数で行を固定することも可能です。

上の画像では、2行目までを固定しています。

複数行を固定する方法については、以下の記事をご確認ください。

エクセルで複数行(先頭2行)を固定する方法

行の固定を解除する

固定する行を間違ってしまった場合等、行の固定をやり直したい時は一旦行の固定を解除してから設定をやり直しましょう。

行の固定を解除する方法については、以下の記事でご紹介しています。

エクセルで行の固定を解除する方法