投稿者:公開日:  最終更新日:

見やすさを追求!Excel書式設定に関するショートカットキー

見やすさを追求!Excel書式設定に関するショートカットキー

はじめに

セルに罫線を引いたり、テキストを太くしたり背景に色をつけたりする書式設定は、強調や分類をするのに非常に効果的です。

これらの設定をショートカットキーで効率よく入力すると、仕事のスピードも向上いたします。ここでは、書式設定に関するショートカットキーをお伝えいたします。

Excelのショートカットキー一覧PDFをプレゼント!

224種類のショートカットキーがまとめられているPDFを、「Facebookページへのいいね!」や「Twitterのフォロー」をしていただいた方へプレゼントいたします。

タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。PDFの入手方法としては、以下の2つのどちらかを選択ください。

Twitter経由でPDFを入手する

  1. Twitterへログイン後、Office Hack Twitterページへアクセスする
  2. 【フォローする】ボタンを押します
  3. フォロー後、【ダイレクトメッセージ】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

Facebook経由でPDFを入手する

  1. Facebookへログイン後、Office Hack Facebookページへアクセスする
  2. Facebookページの【いいね!】ボタンを押します
  3. いいね!後、【メッセージを送る】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

罫線に関するショートカットキー

セルの外枠罫線を適用する

セルに罫線を引く

アクティブのセルの外枠罫線を適用するには、Ctrl+Shift+6となります。

セルの外枠罫線を削除する

セルの罫線を外す

アクティブのセルの外枠罫線を外すには、Ctrl+Shift+_となります。

文字に関するショートカットキー

太字の書式設定

文字を太字にする

テキストを太字にするには、Ctrl+BまたはCtrl+2となります。

文字の太字を戻す

テキストの太字を解除するには、再びCtrl+BまたはCtrl+2となります。

斜体の書式設定

文字を斜体にする

テキストを斜体にするには、Ctrl+IまたはCtrl+3となります。

文字の斜体を戻す

テキストを斜体を解除するには、再びCtrl+IまたはCtrl+3となります。

下線の書式設定

文字に下線を引く

テキストに下線を引くには、Ctrl+UまたはCtrl+4となります。

文字の下線を戻す

テキストの下線を解除するには、再びCtrl+UまたはCtrl+4となります。

取り消し線の書式設定

文字に取り消し線を引く

テキストに取り消し線を設定するには、Ctrl+5となります。

文字の取り消し線を解除する

テキストの取り消し線を解除するには、再びCtrl+5となります。

ダイアログボックスを表示させるショートカットキー

セルの書式設定ダイアログボックスを表示

セルの書式設定ダイアログボックス

セルに関する書式を詳細に変更したい場合は、書式設定ダイアログボックスを利用します。「セルの書式設定ダイアログボックス」を表示するには、Ctrl+1となります。

セルの書式設定ダイアログボックスのフォントタブを表示

フォントタブ

セルの書式設定ダイアログボックスには、「表示形式」「配置」「フォント」「罫線」「塗りつぶし」「保護」のタブが用意されておりますが、中でも良く使う「フォント」タブをデフォルトで表示するには、Ctrl+Shift+FまたはCtrl+Shift+Pとなります。

スタイルのダイアログボックスを表示

スタイルダイアログボックス

「スタイルダイアログボックス」を表示するには、Alt+Shift+7となります。

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。

他のショートカットキーも合わせてチェック!

ショートカットキーリスト

覚えると便利!124個のExcelショートカットキー一覧表

Excel Hackでは、ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。