Office Hack

Gmailがエラーで送信できない場合の対処法

  • Release

Gmailでメールを送信する際、エラーで送信できず困っている方が多いです。

本記事では、Gmailがエラーで送信できない場合の対処法について説明します。

無効なメールアドレスと表示されて送信できない場合

無効なメールアドレスと判断される原因

無効な受信者です

2009年4月1日以降、Emailのアドレスに「.(ピリオド)」を連続で使用することや、@の前に「.(ピリオド)」を挿入することはできなくなりました。したがって、現在のGmailは、「..」または「.@」が含まれるメールアドレスを認識できないように設計されています。

Gmail使用時に「無効なメールアドレスです(無効な受信者です)」と表示されている場合、入力したメールアドレスが以下の項目に抵触しているとGmailに判断されて送信できませんのでご確認ください。

  • 2つ以上のピリオド(.)が連続している
  • メールのユーザー名の部分がピリオド(.)で終わっている
  • メールアドレスで許可されていない記号(括弧、セミコロン、コロンなど)が含まれている
  • 複数のアットマーク(@)がある

「無効なメールアドレスです(無効な受信者です)」とGmailに判断されても、そのメールアドレスが正しいメールアドレスである場合もあります。以下の「送信できずにエラーが発生する場合の対処法」をご覧ください。

無効なメールアドレスを送信する方法

ユーザー名にピリオドなどが含まれ、Gmailに無効なメールアドレスと判断されて送信できない場合があります。しかし、ユーザー名をダブルクォーテーションで囲むことによって無効なメールアドレスへの送信が可能になります。

作業時間:3分

  1. 「作成」ボタンを押す
    新規ボタン

    デスクトップでGmailを開きます。【作成】ボタンを押します。

  2. ユーザー名をダブルクォーテーションで囲んで送信
    ダブルクォーテーションで挟む

    ①ユーザー名の両端に『ダブルクォーテーション』を入れ、②【送信】ボタンを押すとこのアドレスで送信できます。

送信できてもエラーメールが返される場合

Gmailで送信はできても、エラーメールが返される場合は以下の項目をご参考ください。

  • メールアドレスの間違い(詳しくは下記の「無効なメールアドレスと表示される」をご覧ください)
  • 受信者によるメール受信拒否
  • 添付ファイルの容量オーバー

添付ファイルの容量制限について詳しく知りたい方は、以下の記事をご参考ください。

受信はできるが送信できない場合

Gmailで受信できても送信できない場合は、以下の方法をお試しください。

  • インターネットの接続状態を確認してみる
  • Gmailからログアウトして、もう一度ログインしてみる
  • もう一度送信してみる
  • 受信者のメールアドレスが正しいかどうかを確認する
  • 添付ファイルのサイズ制限を超えていないことを確認する

添付ファイルのサイズ制限について詳しく知りたい場合は、以下の記事を参照してください。

メールを送信しても下書きに残る場合

メールを送信した後に「送信しました」と表示された場合でも、「送信済み」フォルダに移動せず、下書きフォルダに残る現象が発生することがあります。この場合は、以下の方法をお試しください。

  • Google Chromeのシークレットウィンドウを使ってGmailを送信してみる(シークレットウィンドウを開くには、Ctrl+Shift+N
  • ブラウザのキャッシュやcookieを削除する
  • 後から追加した拡張機能を無効化する
  • スマートフォンでGmailアプリをお使いでない方はGmailアプリを使ってみる(iPhone/Android

このページを見ている人におすすめの商品

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top