ポイント最大43.5倍!楽天お買い物マラソン
終了まで142時間54分

Office Hack

Windows 10でOffice 2013はインストール/使用できるか?

  • Release
  • Update

本記事では、Windows 10でOffice 2013をインストールする方法や、まだ機能を問題なく使用できるかについて記載しています。

プロダクトキーが分からなくなってしまった場合の対処法についてもご紹介しておりますので、お困りの際にお役立てください。

Windows 10でOffice 2013はインストールできるか?

Office 2013(オフィス 2013)などの古いタイプのOffice製品も、Microsoftのセットアップサイトからインストールが可能です。

セットアップサイトにアクセス

Microsoftのセットアップサイトにアクセスし、【サインイン】ボタンを押します。

メールアドレス

Microsoft アカウントのサインイン画面が表示されました。

①『メール、電話、またはSkype』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

パスワード

①『パスワード』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

プロダクトキー

セットアップサイトに戻りました。

①『プロダクトキー』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

アプリのインストール完了まで、表示される手順に従ってお進みください。

プロダクトキーが分からない場合

プロダクトキーが分からなくなってしまった場合は、以下の記事をご参照ください。

Windows 10でOffice 2013は使えるか?

Office 2013(バージョン 15)はWindows 10ですべての機能がテストされ、サポートされていることが確認されています。

しかし、現在利用できている買い切り版Officeにも、Microsoft公式のサポート期限があります。

基本的に延長サポート終了まで「10年」となっており、それ以降はセキュリティ更新が行われなくなります。

サポートが切れた状態でOfficeの利用を続けると、マルウェア(ウィルス)への感染といったリスクも高まってきますので、お早めに新しいバージョンへの移行をおすすめいたします。

Office 2013のサポート期限については、以下の記事をご参照ください。

サポート期限がないMicrosoft 365をおすすめします


3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top