Office Hack

Windows 10で高速スタートアップ(高速起動)を無効化する方法

  • Release
  • Update

高速スタートアップが有効になっていると、PCの起動が速くなります。

ただし、Windowsのアップデートが正常に機能しない、USBなどの外部デバイスが認識されないなど、何らかのシステムの不具合が発生する可能性も出てきます。こうしたシステムの不具合を改善する1つの方法は、高速スタートアップを無効にすることです。

本記事では、Windows 10で高速スタートアップをOFFにする方法を説明します。

高速スタートアップを継続的に無効化する方法

このセクションでは、高速スタートアップ(高速起動)を無効化する方法について説明します。

作業時間:3分

  1. 「設定」を選択

    設定

    Windows 10を開きます。①【スタート】、②【設定】の順に選択します。

  2. 「システム」を選択

    システム

    「設定」ダイアログボックスが表示されました。【システム】を選択します。

  3. 「電源の追加設定」の選択

    電源の追加設定

    ①【電源とスリープ】タブ、②【電源の追加設定】の順に選択します。

  4. 「電源ボタンの動作の選択」を選択

    電源ボタンの動作の選択

    「電源オプション」ダイアログボックスが表示されました。【電源ボタンの動作の選択】を選択します。

  5. 「現在利用可能ではない設定を変更します」を選択

    高速スタートアップ

    「システム設定」ダイアログボックスが表示されました。【現在利用可能ではない設定を変更します】を選択します。

  6. 高速スタートアップを無効にして保存

    変更の保存

    ①【「高速スタートアップを有効にする(推奨)」の「チェックマーク」】を外し、②【変更の保存】ボタンを押して完了です。

高速スタートアップを一時的に無効化する方法

「高速スタートアップを無効にするのは今回だけでOK」という方も、きっといらっしゃると思います。

下記では、高速スタートアップを一時的に無効化する方法について説明します。

Shift+左クリックで再起動

Windows 10を開きます。

①【スタート】、②【電源】を選択し、③Shiftを押しながら【「再起動」を「左クリック」】します。

PCの電源を切る

「オプションの選択」画面が表示されました。【PCの電源を切る】を選択してシャットダウンします。

シャットダウン後、電源を入れると高速スタートアップが無効になった状態で起動します。

コマンドで無効化する方法

Windows 10のコマンドプロンプトで、高速スタートアップを無効にする方法は次のとおりです。

管理者として実行

Windows 10を開きます。

①「ここに入力して検索」に『cmd』を入力し、②【管理者として実行】を選択します。

powercfg /hibernate off

「管理者: コマンド プロンプト」ダイアログボックスが表示されました。

①『powercfg /hibernate off』を入力し、②Enterを押して完了です。

高速スタートアップが無効にできない場合

「設定」ダイアログボックスを起動しても高速スタートアップを無効にできない場合は、上記の「コマンドで無効化する方法」セクションの手順をお試しください。

このページを見ている人におすすめの商品

その他スタートアップに関する情報







よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top