Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングのセール一覧

Office Hack

Windows 10の高速スタートアップ(高速起動)情報まとめ

  • Release
  • Update

高速スタートアップの有効化/無効化には、それぞれメリットとデメリットがあります。

高速スタートアップを有効にすると起動が速くなりますが、システムにさまざまな不具合が生じる可能性があることにご注意ください。本記事では、Windows 10の高速スタートアップの様々な情報をお伝えします。

高速スタートアップのメリット/デメリットとは?

高速スタートアップを有効にすることによるメリット/デメリットは次のとおりです。

メリット

  • パソコンの起動が速くなる

デメリット

  • インターネットが時々接続できなくなることがある
  • PCをシャットダウンするのにやや時間がかかる
  • USBメモリーなどの外部機器が認識されなかったり、誤動作したりすることがある
  • Windows Updateの更新が正しく適用されない場合がある
  • SSDの負荷が増加し、PCの寿命が短くなる場合がある
  • 起動時にブルースクリーンエラーが発生することがある

上記のデメリットを解消するには、高速スタートアップを無効化することをおすすめします。

高速スタートアップを無効化にした時は、再起動をしてお試しください。

高速スタートアップの設定方法

高速スタートアップを無効/有効にする設定方法については、以下のセクションをご覧ください。

無効化する(コマンドの使用法含む)

高速スタートアップを無効(解除/停止)にすることによって様々なシステムの問題が解決される場合があります。

高速スタートアップを無効(OFF)にするには、以下の記事をご参考ください。

有効化する

高速スタートアップを有効にするには主に2つの方法があります。

それぞれの手順については、以下の「システム設定」と「コマンドプロンプト」のセクションをご覧ください。

システム設定

このセクションでは、高速スタートアップをシステム設定で有効にする方法について説明します。

設定

Windows 10を開きます。①【スタート】、②【設定】の順に選択します。

システム

「設定」ダイアログボックスが表示されました。【システム】を選択します。

電源の追加設定

①【電源とスリープ】タブ、②【電源の追加設定】の順に選択します。

電源ボタンの動作の選択

「電源オプション」ダイアログボックスが表示されました。

【電源ボタンの動作の選択】を選択します。

現在利用可能ではない設定を変更します

「システム設定」ダイアログボックスが表示されました。

【現在利用可能ではない設定を変更します】を選択します。

スタートアップの有効化

①【「高速スタートアップを有効にする(推奨)」の「チェックマーク」】を入れ、②【変更の保存】ボタンを押して完了です。

コマンドプロンプト

このセクションでは、高速スタートアップをコマンドプロンプトで有効にする方法について説明します。

管理者として実行

Windows 10を開きます。

①「ここに入力して検索」に『cmd』を入力し、②【管理者として実行】を選択します。

コマンドで高速スタートアップを有効化

「管理者: コマンド プロンプト」ダイアログボックスが表示されました。

①『powercfg /hibernate on』を入力し、②Enterを押して完了です。

高速スタートアップに関する不具合対処法

高速スタートアップがない/表示されない

「システム設定」ダイアログボックスで高速スタートアップが表示されない場合があります。

高速スタートアップが無い

その場合は、上記の「コマンドプロンプト」セクションの手順で高速スタートアップを有効化してください。

無効にできない

「システム設定」で高速スタートアップを無効にできない場合は、以下の記事の「コマンドで無効にする方法」セクションの手順をお試しください。

このページを見ている人におすすめの商品

その他スタートアップに関する情報






よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top