投稿者:公開日:  最終更新日:

Excel関数の使い方を丁寧にご紹介!よく利用される関数10選

Excel関数の使い方を丁寧にご紹介!よく利用される関数10選

はじめに

Excel(エクセル) には400種類以上の関数が存在します。全部覚える必要があるのかと心配になってしまうかもしれませんが、会社や学校などでExcelを使用する関数の数は限られます。よく使われる関数だけを覚えれば少しの学習時間でもあなたの作業効率をアップすることができますよ!

今回は、よく利用される関数の使い方を10種類ご紹介します。どれも使用する機会が多い関数になっていますのでぜひ身につけてください。

関数の使い方

関数とは、目的の計算をするためにあらかじめExcelに用意されている数式のことをいいます。「=関数名(引数)」のような形式になっており、引数にはセルの範囲や条件などを入力します。

関数の入力としては「セルに直接関数を入力する方法」の他にも3種類あります。詳細は下記の記事をご参考ください。

これで差がつく!Excel関数の4つの入力方法

次から紹介する関数も基本的には「=関数名(引数)」のような形式になっていますので関数の意味と引数の使い方をそれぞれ見ていきましょう。

おすすめの本


SUM関数、SUMIF関数で合計を求める

Excelでよく使用する計算としては合計が有名ですね。合計を求める関数としては、SUM関数とSUMIF関数があります。

元データ

SUM関数は数値を合計する関数です。連続しているセルの範囲だけでなく、離れた場所にある複数のセルの数値でも計算することが可能です。

実際にSUM関数を使ってみましょう。D列の価格の合計を求めていきます。

SUM関数の入力

D10セルを選択し、セルに直接『=sum』と入力します。関数の候補一覧が出るので方向キーを使って目的の関数を選択することもできます。今回は直接SUM関数の形式を入力します。

SUM関数の範囲選択

『=sum(』のように括弧を入力したらセルD3からD9までを選択します。「=sum(D3:D9」のようになったらEnterを押します。

SUM関数の計算結果

D10セルにセルD3からD9までの価格の合計値がSUM関数により計算されました。次にSUMIF関数の使い方を見ていきましょう。

SUMIF関数の入力

SUMIF関数は、あらかじめ指定したセル範囲の中から条件が合致するデータを探し、その条件に合致した範囲のデータを合計する関数です。

表の中のデータからバナナの価格の合計値をSUMIF関数を使用して計算します。D10セルを選択し、セルに直接『=SUMIF』と入力します。

SUMIF関数の範囲指定

『=SUMIF(』のように括弧を入力したら検索の対象とするセル範囲(セルC3からC9まで)を選択します。

次に検索条件である「バナナ」を『=SUMIF(C3:C9,”バナナ”,』のように入力します。

最後に合計したい値が入力されているセル範囲(セルD3からD9まで)を選択し、Enterを押します。SUMIF関数は「=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)」という形式で使用します。

SUMIF関数の計算結果

D10セルにセルD3からD9までの範囲で種類が「バナナ」である価格の合計値がSUMIF関数により計算されました。

AVERAGE関数で平均を求める

前章では、合計を求めました。合計に関連する計算として平均が挙げられます。平均を求める関数としてはAVERAGE関数があります。

AVERAGE関数の入力

D10セルを選択し、セルに直接『=AVERAGE』と入力します。

AVERAGE関数の範囲指定

『=AVERAGE(』のように括弧を入力したらセルD3からD9までを選択し、Enterを押します。

AVERAGE関数の計算結果

D10セルにセルD3からD9までの平均値がAVERAGE関数により計算されました。

PRODUCT関数、QUOTIENT関数で掛け算、割り算をする

Excelで四則演算として掛け算やわり算をする際、「*」や「/」を使用すると思いますが、同じ結果を関数でも計算することができます。

PRODUCT関数の入力

掛け算ができる関数がPRODUCT関数になります。PRODUCT関数は指定した複数の積(関数)を求める関数です。

F3セルを選択し、セルに直接『=product』と入力します。

PRODUCT関数の範囲指定

『=product(』のように括弧を入力したらセルD3からE3までを選択し、Enterを押します。

PRODUCT関数の計算結果

F3セルにセルD3とE3の掛け算の結果がPRODUCT関数により計算されました。

PRODUCT関数のオートフィル

F3セルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのままF9セルまでドラッグします。セルF4からF9にもD列とE列の掛け算の結果が表示されました。

QUOTIENT関数の入力

次に割り算ができる関数としてはQUOTIENT関数があります。QUOTIENT関数は、除算(割り算)の商の整数部を求める関数です。余り部分(小数部) は切り捨てられます。

F3セルを選択し、セルに直接『=quotient』と入力します。

QUOTIENT関数の範囲指定

『=quotient(』のように括弧を入力したらセルD3とE3をそれぞれ選択し、Enterを押します。

QUOTIENT関数の計算結果

F3セルにセルD3とE3の割り算の結果がQUOTIENT関数により計算されました。

QUOTIENT関数のオートフィル

F3セルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのままF9セルまでドラッグします。セルF4からF9にもD列とE列の割り算の結果が表示されました。

ROUNDDOWN関数、ROUNDUP関数、ROUND関数で切り捨て、切り上げ、四捨五入をする

数値の計算でよく使うものとして切り捨て、切り上げ、四捨五入があります。それぞれ便利な関数がありますのでご紹介します。

ROUNDDOWN関数の入力

まず数値の切り捨てができる関数としてROUNDDOWN関数があります。ROUNDDOWN関数は四捨五入はせずに指定した桁数で切り捨てます。

D11セルを選択し、セルに直接『=rounddown』と入力します。

ROUNDDOWN関数の範囲指定

『=rounddown(』のように括弧を入力したらD10セルを選択し、続いて『0』を入力してEnterを押します。ROUNDDOWN関数は「=ROUNDDOWN(数値,桁数)」という形式で使用します。D10セルが切り捨てをしたい数値になり、「0」が桁数になります。

ROUNDDOWN関数の計算結果

D11セルにD10セルを0桁(小数点以下)で切り捨てした結果が表示されました。

ROUNDUP関数の入力

次に数値の切り上げができる関数としてROUNDUP関数があります。ROUNDUP関数は端数を切り上げて、 小数点以下を指定した桁数にする関数です。

D12セルを選択し、セルに直接『=roundup』と入力します。

ROUNDUP関数の範囲指定

『=roundup(』のようにD10セルを選択し、続いて『0』を入力してEnterを押します。ROUNDUP関数は「=ROUNDUP(数値,桁数)」という形式で使用します。D10セルが切り上げをしたい数値になり、「0」が桁数になります。

ROUNDUP関数の結果

D12セルにD10セルを0桁で切り上げした結果が表示されました。

ROUND関数の入力

次に数値の四捨五入ができる関数としてROUND関数があります。ROUND関数は、セルの数値を指定した桁数になるように四捨五入する関数です。

D13セルを選択し、セルに直接『=round』と入力します。

ROUND関数の範囲指定

『=round(』のように括弧を入力したらD10セルを選択し、続いて『0』を入力してEnterを押します。ROUND関数は「=ROUND(数値,桁数)」という形式で使用します。D10セルが四捨五入をしたい数値になり、「0」が桁数になります。

小数点第2位を四捨五入したい場合は桁数を1、小数点第1位の場合は桁数を0、1の位の場合は桁数を-1と指定します。

ROUND関数の結果

D13セルにD10セルを小数点第1位で四捨五入した結果が表示されました。

DATE関数、TEXT関数で日付、曜日を表示する

日付を関数で表示するためにはDATE関数を使用します。DATE関数は特定の日付を表す連続したシリアル値を返す関数です。

曜日はTEXT関数を使って表示します。TEXT関数を使えば、数値を自分が指定した書式の文字列に変換することができます。

DATE関数の入力

まず日付をDATE関数を使って表示します。F3セルを選択し、セルに直接『=date』と入力します。

DATE関数の範囲指定

『=date(』のように括弧を入力したらセルC3、D3、E3をそれぞれ選択します。DATE関数は「=DATE(年,月,日)」という形式で使用します。

DATE関数の結果

F3セルに日付として結果が表示されました。

TEXT関数の入力

次にTEXT関数を使って曜日を表示しましょう。G3セルを選択し、セルに直接『=TEXT(F3,”aaaa”)』と入力します。

TEXT関数は「=TEXT(値, 表示形式)」という形式で使用します。値には文字列に変換したい数値を指定します。表示形式には数値の表示形式を「”」で囲んで指定します。「aaaa」と指定すると曜日を表示したり、「dddd」と指定すると曜日を英語で表示できます。

TEXT関数の結果

G3セルにF3セルの曜日がTEXT関数を使用して表示されました。

DATEDIF関数で満年齢を求める

満年齢を求める時はDATEDIF関数を使用します。DATEDIF関数は、2つの日付の間隔をさまざまな単位で計算できます。

DATEDIF関数の入力

H3セルを選択し、セルに直接『=datedif』と入力します。

DATEDIF関数の形式を入力

DATEDIF関数は「=DATEDIF(開始日,終了日,単位)」という形式で使用します。単位には満年数を求めたいときは、「”Y”」を、満月数は「”M”」、日数は「”D”」を入力します。

今回は、F3セルにある生年月日と今日までの満年数を計算します。H3セルを選択し、セルに直接『=DATEDIF(F3,TODAY()+1,”Y”)』と入力します。今日の日付を取得するのにTODAY関数を使用しました。TODAY関数に1を足しているのは満年齢が誕生日の前日に1歳が加えられることになっているためです。

DATEDIF関数の結果

H3セルにF3セルから今日までの満年齢がDATEDIF関数を使用して表示されました。

COUNT関数、COUNTIF関数でセルの数をカウントする

COUNT関数は、指定された範囲からセルの個数や引数リストに含まれる数値の個数を数えてくれる便利な関数です。

COUNTIF関数は、指定した範囲内で検索条件に一致したセルの個数を返す関数です。

例えばアンケートの集計で特定の回答をしている人をカウントしたいときなどに便利です。また、検索条件に比較式を用いることでテストの得点などで「80点以上」や「30点以下」の受験者を数えるにも役立ちます。

COUNT関数の入力

D10セルを選択し、セルに直接『=count』と入力します。

COUNT関数の範囲指定

『=count(』のように括弧を入力したらセルD3からD9までを選択します。

COUNT関数の結果

D10セルにD3セルからD9までのセルの個数である「7」が表示されました。

COUNTIF関数の入力

バナナのセルの個数だけを求めます。C10セルを選択し、セルに直接『=countif』と入力します。

COUNTIF関数の範囲指定

『=countif(』のように括弧を入力したらC3セルからC9までのセルを選択します。次に「=COUNTIF(C3:C9,”バナナ”)」のように『バナナ』を入力します。

COUNTIF関数の結果

C10セルにC3セルからC9までのバナナのセルの個数である「2」が表示されました。

INDIRECT関数でセルや他のシートを参照する

INDIRECT関数は、セルの参照を文字列で指定する関数です。セル参照だけではなく、他のシートを参照することができます。

INDIRECT関数の入力

D3セルを選択し、セルに直接『=indirect』と入力します。

INDIRECT関数の参照文字列の指定

INDIRECT関数は「=INDIRECT(参照文字列,[参照形式])」のように使用します。参照文字列としてC3の「りんご」を選択し、『&』を入力します。

別シートのセルを選択

「りんご」のシートを選択し、C2セルを選択します。

参照文字列の確定

「=INDIRECT(C3&”!C2″)」のような形式になります。「&」は文字の連結、「”」は文字を意味しています。「C3&”!C2″」という計算式は、C3のセルに書かれている「りんご」という文字列と「!C2」という文字列を連結していることを表します。

INDIRECT関数の結果

INDIRECT関数の結果として「集計」シートのD3セルに「りんご」シートの金額である「98」が計算できました。

他のセルの反映

D3セルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのままD5セルまでドラッグします。

IF関数で複数条件(ORもしくはAND)を指定し、データを抽出する

IF関数は条件を満たす場合と満たさない場合で処理を分けたいときに使用します。関数の中でもよく使用される関数の1つであり、他の関数と組み合わせて使ったりします。

IF関数の条件は単一のものだけでなくOR関数やAND関数を組み合わせることで複数条件を指定できます。

IF関数の入力

まずH3セルを選択し、セルに直接『=if』と入力します。

IF関数でorを入力

H3セルに『=if(or』と入力します。IF関数を使用する際は、「=IF(論理式,[値が真の位置],[値が疑の位置])」のように指定します。

今回は数学もしくは国語が50点以上の場合を求めるので論理式にOR関数を使用します。OR関数は「または」を表します。OR(条件1,条件2,…)のような形式で記述し、どれかの条件が成立すれば条件が成立します。

IF関数で条件式を指定

H3セルに『=if(or(E3>50,F3>50),』と入力します。

IF関数において結果の条件分岐

H3セルに『=if(or(E3>50,F3>50),”合格”,””』と入力します。

IF関数の適用結果

3行目は数学もしくは国語が50点以上の場合なので「合格」と表示されました。

他の行への結果反映

H3セルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのままH9セルまでドラッグします。

IF関数でandを入力

H3セルに『=if(and』と入力します。

今回はすべての科目が50点以上の場合を求めるので論理式にAND関数を使用します。AND関数は「なおかつ」を表します。AND(条件1,条件2,…)のような形式で記述し、すべての条件が成立した場合のみ条件が成立します。

条件を指定

H3セルに『=if(and(E3>50,F3>50,G3>50),”合格”,””』と入力します。

他の行への結果反映

H3セルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのままH9セルまでドラッグします。

VLOOKUP関数で複数条件に一致したデータを検索し、抽出する

VLOOKUP関数は指定した範囲の中から検索条件に一致したデータを検索して取り出してくれる関数です。データを検索する関数の中では最も有名な関数です。

数式としては、何を(検索値)、どこから(範囲)、どの列か(列番号)を引数として指定していきます。

大量のデータを手入力をしていた作業もVLOOKUP関数を使えば、自動的にデータを入力してくれるので作業時間の短縮にぜひ使ってみましょう。

VLOOKUP関数の入力

今回の目的としては商品コードを入力するとその商品コードに紐づいた商品名や単価を表示させるようにしていきます。まずD10セルを選択し、セルに直接『=vlookup』と入力します。

検索値の指定

VLOOKUP関数を使用する際は、「=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,[検索方法])」のように指定します。検索値としてC10セルを選択します。

範囲を指定

セルB4からD6までのセルをまとめて範囲選択します。選択されている状態でF4を押します。そうすると「$B$4:$D$6」のように指定されます。「$」は絶対参照と呼ばれます。数式をコピーしてもズレないようにセルを固定することができます。

列番号の指定

列番号として『2』を入力します。列番号には指定した範囲のうち、取り出したい値がある列の番号を指定します。商品名を取り出したいので2列目を指定しています。

検索方法の選択

検索方法としてはTRUEまたはFALSEで指定し、ここでは完全一致の「FALSE」を指定します。ちなみに、TRUEは近似一致となります。

VLOOKUP関数の形式

D10セルのようにVLOOKUP関数の入力が完了しました。

VLOOKUP関数の列番号の指定

E10セルを選択し、D10セルと同じようにVLOOKUP関数を指定します。『=vlookup(C10,B4:D6,3)』のように列番号として『3』を入力します。指定したセルB4からD6までの範囲で単価を取り出したいので3列目を指定しています。

商品コードの入力

C10セルに商品コードを入力します。

VLOOKUP関数の結果

D10、E10セルに商品コード「1002」に紐づいている商品名と単価が表示されました。

個数の入力した後の金額

F10セルに個数を入力すると単価に個数をかけた計算結果がG10セルに反映されました。

他の行への反映

同じようにバナナやみかんを設定した結果になります。VLOOKUP関数を使うことで商品コードを指定すれば決められた商品名と単価が表示されました。

まとめ

今回は、よく利用される関数の使い方を10種類ご紹介しました。それぞれの関数の基礎的な使い方になります。実際は関数同士を組み合わせることでより学校や会社などの作業が楽になります。最初にどこから勉強すればいいか迷っている方はぜひ今回ご紹介した関数から学んでみてください。