Office Hack

iPadでPDFを保存するには(PDFへの変換方法や出力方法など)

  • Release
  • Update

この記事では、iPadでPDFを保存するために使うアプリの紹介や、写真のPDFへの変換方法など、iPadでPDFを保存する様々な方法をご紹介します。

iPadでPDFを保存できるアプリ

ファイル

Apple純正アプリ「ファイル」では、iPad本体やiCloud、OneDriveなどの他社製クラウドにPDFを保存することができます。

Apple Books

Apple純正アプリ「Apple Books」では、メールやSMSからPDFを保存したり、WebページをPDFへ変換して保存することができます。

「メモ」の紹介

Apple純正アプリ「メモ」では、メールやSMSからPDFを保存したり、紙の書類をスキャンしPDF化して保存することができます。

One Drive

Microsoft Officeのクラウド「Microsoft OneDrive」は、「ファイル」の保存先に選択することが可能です。保存されたPDFにメモを加えたり、他のユーザーとPDFを共有することができます。

ダウンロードしたPDFを保存する方法

このセクションではメールやSMSに添付されたPDFを「ファイル」を使って、iPad本体に保存する方法をご紹介します。

SMSからPDFをダウンロードして保存する

PDFを開き、①【共有】、②【"ファイル"に保存】の順に選択します。

iPad本体に保存

①【このiPad内】、②【保存】の順に選択します。PDFがiPadに保存されました。

今回は、iPad本体に保存しましたが、iCloudやOneDriveなどのクラウドにも同様に保存することができます。

PDFにメモを加えて保存する方法

Apple Booksの場合

Apple Booksでは、WebページをPDFへ変換して保存し、メモ書きなどを加えることができます。

このセクションでは、WebページをPDF化し、Apple Pencilでメモを書き込み保存する方法をご紹介します。

WebページをPDF化する
WebページをPDF化

PDFに変換したいWebページを開きます。①【共有】、②【ブック(Apple Books)】を選択します。

Apple BooksにPDF

Apple Booksに、WebページをPDF化したデータが読み込まれました。【読み込んだPDF】を選択します。

メモを書き加える
Apple Pencilで書き込み

①【ペン】を選択し、②ペン、マーカー、色鉛筆から【使用するペン】を選び、メモを書き加えます。

テキストの入力

テキストを入力する場合は、①【+】、②【テキスト】の順に選択します。

PDFが上書き保存される
書き込みを終える

書き込みやテキスト入力が終わったら、【戻る】を選択します。

ライブラリに戻る

書き込み済みのPDFがApple Booksに保存されました。

メモの場合

このセクションでは、「メモ」アプリで保存したPDFにメモを書き込み、編集後のPDFを保存する方法をご紹介します。

PDFを保存する
メモに読み込む

①【共有ボタン】、②【メモ】の順に選択します。

メモに保存する

メモの保存先をiPadかiCloudから選択します。今回は、①【iPad】を選択し、②【保存】を選択します。

メモ上にPDFが保存される

メモアプリにPDFが保存されました。

Apple Pencilでメモを加える

下記記事の「Apple Pencilで書き込みをする方法」に、Apple Pencilでメモアプリ上のPDFに書き込みをする方法がございます。ご参照ください。

PDFを新規保存する
メモのPDFを保存する

書き込んだPDFは「メモ」に自動で保存されます。「メモ」アプリ以外に保存する場合は、①【共有】、②【"ファイル"に保存】の順に選択します。

メモのPDFを保存する

①【このiPad内】、②【保存】の順に選択します。iPadに書き込み済みのPDFが保存されました。

今回はiPadを選択しましたが、iCloudやOneDriveなどのクラウドを保存先に選ぶことも可能です。

ファイルの場合

iCloudでは、iPad本体およびiCloudに保存したPDFに、書き込みを加えることが可能です。

PDFを開く
ファイルを起動する

ファイルアプリを起動します。

PDFを開く

【保存したPDF】を選択し、開きます。

メモを書き込む
書き込みをする

①【ペン】を選択し、②ペン、マーカー、色鉛筆から【使用するペン】を選び、メモを書き加えます。

テキスト入力

テキストを入力する場合は、①【+】、②【テキスト】の順に選択します。

完了します

メモやテキストの追加が完了したら【完了】を選択します。自動で上書き保存されます。

OneDriveの場合

PDFを開く
OneDriveを起動する

【OneDrive】を選択し、起動します。

保存したPDFを開く

【保存したPDF】を選択し、開きます。

書き込みをする
ペンを選択する

【ペン】を選択します。

ペンを選択

3色ペンとマーカーから【使用するペン】を選択し、メモを書き込みます。

テキスト入力

テキストを入力したい場合は、①【テキスト】を選択し、②【キーボード】でテキストを入力します。入力が完了したら、画面内の適当な個所をタップします。

PDFが上書き保存される
編集を完了します。

すべての編集が終わったら、【完了】を選択します。PDFが上書き保存されます。

写真をPDFで保存する方法

iPadでは、写真アプリとApple Booksを使って、写真をPDFに変換し、保存することが可能です。

写真を開く

写真を開く

【写真】を選択し、起動します。

写真を選択する

選択を選ぶ

【選択】を選びます。

写真を選択し、共有する

PDF化したい写真を選び、【共有】を選択します。

Apple Booksを起動し、PDF化する

Appl Booksを選択する

【ブック(Apple Books)】を選択します。

写真のPDF化が完了

写真のPDFへの変換が完了し、ブック(Apple Books)が開きました。

写真をPDF化できたことは、ファイルの種類で確認することができます。

PDFを別の場所に保存する

ブックのPDFを保存する

①【ファイル】、②【"ファイル"に保存】の順に選択します。

ブックのPDFをiPad本体に保存する

①【このiPad内】、②【保存】の順に選択します。PDFがiPadに保存されました。

今回は、iPad本体に保存しましたが、iCloudやOneDriveなどのクラウドにも同様に保存することができます。

ExcelをPDFで保存する方法

ExcelをPDFで保存するには、Excelアプリを使う方法と、Web版のExcelを使う方法があります。

ExcelでPDFを作成し、保存する

10.1インチ以下のiPad、もしくはMicrosoft 365のサブスクリプションを利用している場合であれば、Excelアプリを利用し、PDFを作成することができます。

下記の記事に、iPadでExcelなどのOfficeアプリを利用できる「Microsoft Office Mobile」について記載しておりますご参照ください。

このセクションでは、iPad用のアプリ版Excelを使って、PDFを作成し保存する方法をご紹介します。

Excelを起動する
Excelを開く

【Excel】を選択し、起動します。

PDF化したいExcelを開く

PDF化したいExcelを開きます。今回は【Book】を選択します。

エクスポートを選択する
ファイル、エクスポートを選択

①【ファイル】、【エクスポート】の順に選択します。

PDFを選択

【PDF】を選択します。

PDFの書式を選択

①【PDFの書式の設定内容】、②【次へ】の順に選択します。

PDFが出力される
PDFに変換

PDFへエクスポート(出力)されます。しばらくすると出力が完了します。

OneDriveからPDFを作成し保存する

iPadが10.1インチより大きく、Microsoft 365のサブスクリプションを利用していない場合でも、Web版のExcelを使って、PDFを作成することができます。

Web版のMicrosoft Office「Microsoft Office Online(旧Office Online)」のExcelについての詳細は、下記の記事をご参照ください。

このセクションでは、Web版のExcelを使って、PDFを作成し保存する方法をご紹介します。

OneDriveでExcelを開く

SafariなどのブラウザでOneDriveにサインインする方法については、下記記事の「Microsoft Office Onlineを使う」をご参照ください。

PDF化したいExcelを開く
OneDriveでExcelを開く

PDF化したいExcelを開きます。今回は【Book】を選択します。

PDFに出力する
ファイルを選択する

【ファイル】を選択します。

印刷を選択する

①【印刷】タブ、②【印刷】の順に選択します。

印刷設定を選択

①【印刷の設定内容】を選択し、【続行】ボタンを押します

PDFを表示する

【ここをクリックすると、ドキュメントのPDFが表示されます。】を選択します。

PDFを保存する
PDFを保存する

PDFが表示されました。①【共有】、②【"ファイル"に保存】の順に選択します。

PDFAの保存先を選ぶ

①【このiPad内】、②【保存】の順に選択します。PDFがiPadに保存されました。

今回は、iPad本体に保存しましたが、iCloudやOneDriveなどのクラウドにも同様に保存することができます。

パソコンからiPadにPDFを保存する方法

パソコンからiPadにPDFを保存するには、クラウドの利用が便利です。

iCloudを利用する

iCloudにサインイン

パソコンでWeb版のiCloudを開き、Apple IDの『メールアドレス』を入力します。

iCloudにサインイン

『パスワード』を入力します。

iCloud Driveを開く

【iCloud Drive】を選択します。

アップデートを選択

【アップロード】を選択します。

ファイルを選ぶ

iPadに同期したいPDFファイルを選択します。

今回は①【iPadに送る書類】、②【A製品のマーケティング計画】の順に選択し、③【開く】ボタンを押します。

アップデート完了

iCloudにPDFが保存されました。

ファイルを起動する

iPadで【ファイル】を開きます。

iPadでファイルを開く

①【iCloud Drive】を選択します。②先ほどパソコンからアップデートした【A製品のマーケティング計画】の同期が確認できました。

OneDriveを利用する

OneDriveでもiCloudと同様に、PDFファイルを同期することができます。

OneDriveのサインイン方法などは下記記事にございます。

PDFファイルのアップロード方法は、上記セクション「iCloudを利用する」をご参照ください。

iPadでPDF保存ができないときには?

iPadでメールやSMSなどに添付されたPDFを保存することができない場合は、下記の対応をお試しください。

  • 保存先(iPad本体もしくはiCloud)のストレージが足りているかを確認する
  • Apple Booksなどのアプリをアンインストールし、再インストールする
  • iPadを再起動する

WebページをPDF化して保存ができないときには、Webページに保護がかかっている可能性もあります。その場合には、PDF保存はできません。

support ipad

AppleにはiPad用のサポートページがございます。

上記を試しても解決せず、iPadが正常に動いていないと判断したときには、サポートページにお問い合わせください。

このページを見ている人におすすめの商品

その他iPadで扱うPDFに関する情報

[PDF 保存]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top