Amazon/楽天/Yahoo!ショッピングのセール一覧

Office Hack

Windows 10の起動ディスクの作成方法

  • Release
  • Update

本記事では、Windows 10の起動ディスクの作成方法について解説します。

修復ディスクは、システム回復オプションと呼ばれる機能を利用して、復元ポイントやシステムイメージで以前の状態に戻すことができます。

Windows 10の起動ディスクの作成方法

Windows 10の起動ディスクは、Windows 10をインストールするために必要なインストールメディア、またはシステムを復元する際に必要な修復ディスクの2つの意味で使用される場合があります。

ここでは、修復ディスクの作成と使用方法について解説します。

光学ドライブの準備

光学ドライブは、ブルーレイディスクドライブとDVDドライブの総称です。PCに光学ドライブがない場合は、外付け光学ドライブをご用意ください。

起動ディスク、修復ディスクを作成する前に、空のDVDを光学ドライブに挿入します。完了したら、以下のセクションへ進みます。

起動ディスク(インストールディスク)の容量

起動ディスク(インストールディスク)の作成に必要な容量や作成方法については、以下の記事をご参照ください。

修復ディスクの作成方法

ここでは、修復ディスクの作成方法について解説します。今回は片面1層の空のDVDメディアを使用し、作成を行います。

修復ディスクの作成手順、control、コントロールパネル

Winows 10を開きます。①『「検索ボックス」へ「control」』と入力し、②【コントロール パネル】を選択します。

修復ディスクの作成手順、バックアップと復元

「コントロール パネル」ダイアログボックスが表示されます。

【バックアップと復元(Windows 7)】を選択します。

修復ディスクの作成手順,システム修復ディスクの作成

「バックアップと復元(Windows 7)」ダイアログボックスが表示されます。

【システム修復ディスクの作成】を選択します。

修復ディスクの作成手順、システム修復ディスクの作成

「システム修復ディスクの作成」ダイアログボックスが表示されます。

【ディスクの作成】ボタンを押します。

修復ディスクの作成手順、システム修復ディスクの作成ダイアログボックス

【閉じる】ボタンを押します。

修復ディスクの作成手順、作成開始

【OK】ボタン押します。修復ディスクの作成が完了しました。

USBメモリで作成する

USBメモリを使用した修復ディスクの作成はできません。

USBメモリを使用した起動ディスク(インストールディスク)の作成方法については、以下の記事をご参照ください。

修復ディスクの使い方

ここでは、修復ディスクの使い方について解説します。

光学ドライブへ修復ディスクを挿入しましょう。

修復ディスクの使用方法、スタート、設定

Windows 10を開きます。①【スタート】、②【設定】を選択します。

修復ディスクの使用方法、更新とセキュリティ

「設定」ダイアログボックスが表示されます。【更新とセキュリティ】を選択します。

修復ディスクの使用方法、回復タブからPCの起動をカスタマイズ

①【回復】を選択し、②【今すぐ再起動】を押します。

メディアからの起動

再起動中に「Press any key to boot from CD or DVD」と表示されたらEnterを押します。

オプションの選択、デバイスの使用

「オプションの選択」ダイアログボックスが表示されます。【デバイスの使用】を選択します。

デバイスの使用、USB storage

「デバイスの使用」ダイアログボックスが表示されます。【USB Storage】を選択します。

キーボードレイアウト選択

「キーボードレイアウトの選択」ダイアログボックスが表示されます。【Microsoft IME】を選択します。

修復ディスク、トラブルシューティング

「オプションの選択」ダイアログボックスが表示されます。

【トラブルシューティング】を選択します。

修復ディスク、スタートアップ修復

「詳細オプション」ダイアログボックスが表示されます。

【スタートアップ修復】を選択します。

修復ディスク、回復キー

「スタートアップ修復」ダイアログボックスが表示されます。

「赤枠内のドライブラベル(例:DESKTOP-EDV60NI)をメモや写真等で控えます。

修復ディスク、サインイン

「回復」キーを確認するにはスマートフォンや別のパソコンを使用します。今回はスマートフォンを使用します。

Microsoftアカウントからサインインします。①『アカウント』を入力し、②【次へ】ボタンをタップします。

修復ディスク、パスワードの入力

①Windows 10の初期設定をした際に作成した『パスワード』を入力し、②【サインイン】ボタンをタップします。

修復ディスク、コード送信先の確認

【・・・にSMSを送信】をタップします。

修復ディスク、コード送信先の再確認

①『「登録している電話番号」の末尾4桁』を入力し、②【コードの送信】ボタンをタップします。

修復ディスク、コードの入力

①『SMSで携帯電話に送られてきたコード』を入力し、②【確認】ボタンをタップします。

修復ディスク、回復キーの確認

「BitLocker回復キー」が表示されます。①先ほど控えた「ドライブラベル(例:DESKTOP-EDV60NI)」と合っているか確認します。②合っていれば「回復キー」をメモや写真撮影等で控えます。

修復ディスク、回復キーの入力

①『「メモや写真等で控えた回復キー」を「テキストボックス」』へ入力し、②【続行】ボタンを押します。

修復ディスク、Windows 10を選択

【Windows 10】を選択します。

修復ディスク、スタートアップ修復の終了

今回は正常なパソコンでスタートアップ修復を行いましたので、以下の説明が表示されました。

①「スタートアップ修復でPCを修復できませんでした」と表示されていることを確認し、②【シャットダウン】ボタンを押します。

起動ディスクの起動順位を選択・変更する

起動ディスクを変更する方法については、下記記事の「インストールメディアの起動設定の確認」セクションをご参照ください。

起動ディスクが起動しない場合

起動ディスクが起動しない場合は以下をお試しください

  • 「Press any key to boot from CD or DVD」と表示されたときにEnterを押す
  • 起動ディスクの再作成をする
  • 片面1層のDVDで修復ディスクを作成する
  • 光学ドライブが正常に作動するか確認する
  • 外付けの光学ドライブを使用する

このページを見ている人におすすめの商品

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top