ポイント最大43倍!お買い物マラソン開催中
終了まで8時間51分

Office Hack

Windows 10でデバイスマネージャーを起動する方法

  • Release
  • Update

デバイスマネージャーを起動する方法は複数あります。スタートボタン、コマンドライン、ショートカットキーで起動する方法などをご紹介します。

デバイスマネージャーを起動する方法を学びましょう。

Windows 10でデバイスマネージャーを起動する方法

ここでは、Windows 10でデバイスマネージャーを起動する方法をご紹介します。

スタートボタンから起動する

デバイスマネージャーをスタートボタンから起動する

Windows 10を開きます。

①【「スタートボタン」上で「右クリック」】し、②【デバイスマネージャー】を選択します。

Windows+Xを押した場合も同様のメニューが表示されます。

デバイスマネージャーの起動完了

「デバイスマネージャー」が起動しました。

検索ボックスから起動する

検索ボックスからデバイスマネージャーを起動する

Windows 10を開きます。

①『「検索ボックス」へ「デバイスマネージャー」』と入力し、②【デバイスマネージャー】を選択すると起動します。

コントロールパネルから起動する

コントロールパネルからデバイスマネージャーを起動する

Windows 10を開きます。

①【スタート】を押し、②【下へスクロール】します。

③【Windowsシステムツール】を展開し、④【コントロールパネル】を選択します。

ハードウェアとサウンドを選択する

「コントロールパネル」ダイアログボックスが表示されます。

①「表示方法:カテゴリ」が選択されていることを確認し、②【ハードウェアとサウンド】を選択します。

デバイスマネージャーを選択する

「ハードウェアとサウンド」ダイアログボックスが表示されます。

【デバイスマネージャー】を選択すると起動します。

コマンドラインで起動する

コマンドラインでデバイスマネージャーを起動する

Windows 10を開き、「Windows PowerShell」または「コマンドプロンプト」を起動します。

『mmc devmgmt.msc』と入力し、Enterを押すと「デバイスマネージャー」が起動します。

エクスプローラーのアドレスバーから起動する

エクスプローラーのアドレスバーからデバイスマネージャーを起動する

Windows 10を開き、エクスプローラーを起動します。

『「アドレスバー」に「mmc devmgmt.msc」』と入力し、Enterを押すと、デバイスマネージャーが起動します。

ショートカットで起動する

ショートカットでデバイスマネージャーを起動する

Windows 10を開きます。

今回はデスクトップにデバイスマネージャーのショートカットを作成します。

①【「デスクトップ」上で「右クリック」】し、②【新規作成】、③【ショートカット】の順に選択します。

項目の場所を入力する

「ショートカットの作成」ダイアログボックスが表示されます。

①『devmgmt.msc』と入力し、②【次へ】ボタンを押します。

ショートカットの名前の入力

①『任意の名前(例:devmgmt)』を入力し、②【完了】ボタンを押します。

ショートカットをダブルクリックする

【作成したショートカット(例:devmgmt)】をダブルクリックすると、デバイスマネージャーが起動します。

ショートカットキーで起動する

ショートカットキーでデバイスマネージャーを起動する

Windows 10を開き、「ショートカットで起動する」セクションを参照し、ショートカットをデスクトップに作成します。

①【「作成したショートカット(例:devmgmt)」を「右クリック」】し、②【プロパティ】を選択します。

ショートカットキーの設定をする

「プロパティ(例:devmgmtのプロパティ)」ダイアログボックスが表示されます。

ショートカットキーの設定を行う場合は、他のアプリケーションなどで使用されていないショートカットキーを設定します。今回は「Ctrl+Alt+D」に設定します。

①【赤枠内】を左クリックし、Ctrl+Alt+Dを押します。

②【適用】、③【OK】ボタンの順に押します。

ショートカットキーでデバイスマネージャーの起動確認

Ctrl+Alt+Dを押すと「デバイスマネージャー」が起動します。

デバイスマネージャーに関するトラブルシューティング

ここでは、デバイスマネージャーに関するトラブルシューティングをご紹介します。

デバイスマネージャーが開けない

デバイスマネージャーが開けない

Windows 10を開きます。

①『「検索ボックス」へ「cmd」』と入力し、②【管理者として実行】を選択します。

ユーザーアカウント制御ダイアログボックス

「ユーザーアカウント制御」ダイアログボックスが表示されます。

【はい】ボタンを押します。

コマンドの入力

「管理者:コマンドプロンプト」が起動します。

『regsvr32 actxprxy.dll』と入力し、Enterを押します。

RegSvr32ダイアログボックス

「RegSvr32」ダイアログボックスが表示されます。

【OK】ボタンを押します。Windows 10を再起動し、デバイスマネージャーが起動するか確認します。

DVDドライブが表示されない・認識しない

ポートの変更や抜き差しをする

ポートの変更やケーブルの抜き差しをお試しください。

内蔵光学ドライブの場合はパソコンをシャットダウンし、ポートの変更や抜き差しを行ってください。

BIOS/UEFIで確認する

BIOS/UEFIの起動方法は、下記記事の「インストールメディアの起動設定の確認」セクションをご参照ください。

BIOS/UEFIで光学ドライブが認識されていない場合は、ハードウェアの故障の可能性があります。メーカーまたは購入先の販売店へお問い合わせください。

ドライバーをインストールする

光学ドライブにドライバーが付属している場合は、取扱説明書を参照しドライバーをインストールします。

Windows Updateを実行する

Windows Updateを実行してシステムを最新の状態に更新することで、問題を解決できる場合があります。Windows Updateをお試しください。

トラブルシューティングツールを実行する

トラブルシューティングツールを実行し、不具合が改善する場合があります。詳しくは、下記記事の「トラブルシューティングツールを実行する」セクションをご参照ください。

ハードウェア変更のスキャンをする
ハードウェア変更のスキャンをする

光学ドライブを接続し、Windows 10を開きます。

デバイスマネージャーを起動し、①【表示】タブを選択し、②【非表示のデバイスの表示】を選択します。

ハードウェア変更のスキャンを実行する

①【「DVD/CD-ROMドライブ」を「右クリック」】し、②【ハードウェア変更のスキャン】を選択します。

接続した光学ドライブが認識されたか確認します。

システムの復元を行う

不具合が発生した日時を特定できる場合は、システムの復元を行い改善できる可能性があります。

システムの復元については下記記事をご参照ください。

初期化やクリーンインストールを行う

不具合が改善しない場合は、下記記事でご紹介している初期化やクリーンインストールをご検討ください。


不明なデバイスと表示される

ベンダーIDとデバイスIDを確認する

Windows 10を開き、デバイスマネージャーを起動します。

①【「不明なデバイス」上で「右クリック」】し、②【プロパティ】を選択します。

ベンダーIDとデバイスIDを調べる

「プロパティ」ダイアログボックスが表示されます。

①【詳細】タブを選択し、②【v】ボタンを押し、③【ハードウェアID】を選択します。

④「VENに続く4つの文字列のベンダーID(例:8086)」と、⑤「DEVに続く4つの文字列のデバイスID(例:34F0)」をメモや写真などで控えます。

PCILookupで検索する

PCILookupへアクセスします。

①『メモや写真などで控えたベンダーID(例:8086)』、②『メモや写真などで控えたデバイスID(例:34F0)』を入力します。

③【Submit】ボタンを押します。

結果の確認

検索結果に表示される①「ベンダーID」と②「デバイスID」が、メモや写真などで控えたIDの文字列と同じであることを確認します。

③「赤枠内」にデバイス名が表示されます。

検索結果のデバイス名の情報をもとに、製造元またはパソコンメーカーのサイトからドライバーをダウンロードしてください。

Bluetoothが消えた

ハードウェア変更のスキャンを行う
Bluetoothが消えた、ハードウェア変更のスキャンをする

Windows 10を開き、デバイスマネージャーを起動します。

①【表示】タブを選択し、②【非表示のデバイスの表示】を選択します。

ハードウェア変更のスキャンを実行する

動作しているが非表示になっているドライバーがある場合は、①【「非表示になっていたドライバー(例:インテル(R)ワイヤレス Bluetooth(R))」を「右クリック」し、②【ハードウェア変更のスキャン】を選択すると、正常に表示される場合があります。

高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップを無効にし再起動を行い、デバイスマネージャーの表示をご確認ください。

高速スタートアップを無効にする方法は、下記記事をご参照ください。

トラブルシューティングツールを実行する

トラブルシューティングツールを実行し、不具合が改善する場合があります。詳しくは、下記記事の「トラブルシューティングツールを実行する」セクションをご参照ください。

デバイスドライバーを再インストールする
デバイスドライバーを再インストールする

Windows 10を開き、デバイスマネージャーを起動します。

今回は、インテル(R)ワイヤレス Bluetooth(R)の再インストール方法をご紹介します。

①【「インテル(R)ワイヤレス Bluetooth(R))」を「右クリック」】し、②【デバイスのアンインストール】を選択します。

デバイスのアンインストールダイアログボックス

「デバイスのアンインストール」ダイアログボックスが表示されます。

【アンインストール】ボタンを押します。

パソコンを再起動するとドライバーが自動的にインストールされます。不具合が改善したかご確認ください。

このページを見ている人におすすめの商品

[Windows 10 応用]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top