Office Hack

Windows 10の再起動が終わらない場合の対処法(アップデート時も)

  • Release

本記事ではWindows 10のアップデート時など、再起動が終わらない時に有効な対処法についてご紹介しています。

どうしても問題が解決できない場合のWindows 10の初期化や、クリーンインストールについても記載しておりますので、お困りの際にお役立てください。

Windows 10の再起動が終わらない場合の対処法

Windows 10の再起動が終わらない場合の基本的な対処法をご紹介します。

アクセスランプを確認する

Windowsのアップデート時に再起動が終わらない場合、Windows Updateの更新プログラムによっては、アップデートに時間がかかる場合があります。

ハードディスクのアクセスランプを確認し、ランプが点灯/点滅していた場合には、ファイルの読み書きが進行中である可能性が高いため、そのまましばらくお待ちください。

アクセスランプはデスクトップPCであれば電源ボタンの近く、ノートPCであればPCの手前側やキーボードの上側にあることが多いです。

場所が分からない場合には、各PCの取扱説明書でご確認ください。

PCを強制終了する

再起動が数時間経っても終わらない場合、PCの強制終了をお試しください。

一時的なトラブルの場合には、問題を解決できる場合があります。

PCを強制終了するには、電源ランプが消えるまで電源ボタンを長押しします。

PCがシャットダウンした後、10秒以上時間を置いてから、再度電源を入れて再起動をお試しください。

周辺機器を取り外す

外付けHDDやUSBメモリといった外部デバイスがPCに接続されている場合には、一度全て取り外した状態で再起動をお試しください。

この方法で問題が解決した場合には、接続していたデバイスのドライバーに問題が起きている可能性があります。

ドライバーの再インストールを行うか、不具合について各メーカーにお問い合わせください。

PCを放電する

長時間PCを電源に接続したまま使用していると、PCが帯電してしまい正常に再起動ができなくなる場合があります。

そういった場合には、PCの放電を行うと問題が解決する可能性があります。

PCの放電をするには、一度PCをシャットダウンまたは強制終了し、本体から電源や周辺機器を全て取り外します。

そのままの状態で2分以上放置した後、取り外した電源や周辺機器を再度接続し、再起動をお試しください。

デバイスドライバーをアップデートする

デバイスドライバーのバージョンが古かったり、破損などしていた場合に、PCの再起動がうまくいかないことがあります。

以下の手順で、デバイスドライバーのアップデートや再インストールをお試しください。

windows10-cannot-restart デバイスマネージャー

Windows+Xを押します。

画面左下に表示されたメニューから、【デバイス マネージャー】を選択します。

windows10-cannot-restart デバイスマネージャー選択

「デバイス マネージャー」ダイアログボックスが表示されました。

【ソフトウェア デバイス】をダブルクリックして開きます。

windows10-cannot-restart ドライバーの更新

①【任意のデバイスドライバー(例:Microsoft Device Association Root Enumerator)】を右クリックし、②【ドライバーの更新】を選択します。

ビックリマークなどでエラーが表示されたドライバーがある場合には、「デバイスのアンインストール」を選択し、PCの再起動を行ってください。

アンインストールされたドライバーは、再起動時に自動で再インストールされます。

windows10-cannot-restart ドライバーを自動的に検索

「ドライバーの更新」ダイアログボックスが表示されました。

【ドライバーを自動的に検索】を選択します。

オンラインでドライバーの検索が始まり、最新のドライバーが見つかった場合には、自動でダウンロードとインストールが行われます。

windows10-cannot-restart ドライバーインストール完了

今回更新できる最新のドライバーはなかったため、「このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています」というメッセージが表示されました。

ドライバーの更新が行われた場合には、「ドライバーが正常に更新されました」というメッセージが表示されます。

高速スタートアップを無効化する

高速スタートアップとは、PCの起動を高速化するために、シャットダウン時にメモリやCPUなどの状態を保存しておく機能です。

高速スタートアップを有効化することによってWindowsの起動は速くなりますが、規格の古い周辺機器が認識されなくなったり、再起動が正常にできなくなるなど、様々なトラブルの原因にもなります。

以下の手順で、高速スタートアップを無効化することができます。

windows10-cannot-restart 設定

①画面左下の【スタート】、②【設定】の順に選択します。

windows10-cannot-restart システム

「設定」ダイアログボックスが表示されました。

【システム】を選択します。

windows10-cannot-restart 電源とスリープ

①【電源とスリープ】タブ、②【電源の追加設定】の順に選択します。

windows10-cannot-restart 電源ボタンの動作の選択

「電源オプション」ダイアログボックスが表示されました。

【電源ボタンの動作の選択】を選択します。

windows10-cannot-restart 現在利用可能ではない設定を変更

「システム設定」ダイアログボックスが表示されました。

【現在利用可能ではない設定を変更します】を押します。

windows10-cannot-restart 変更を保存

①【高速スタートアップを有効にする(推奨)】の項目からチェックマークを外し、②【変更の保存】ボタンを押します。

高速スタートアップの無効化が完了しました。

再度PCの再起動をお試しください。

セーフモードで起動する

セーフモードとは、なんらかの不具合によりPCに問題が生じた時のための診断用の起動モードで、必要最低限のドライバーや機能以外は無効にされた状態で起動されます。

セーフモードでWindowsを起動することで、発生している障害が機械的な問題なのか、インストールされたドライバーやアプリケーションの問題なのかを切り分けることができます。

以下の記事を参照し、セーフモードでPCを起動した状態で、正常に再起動が可能かお試しください。

セーフモードで再起動することができた場合、最近インストールやアップデートをしたアプリが原因である可能性が高くなります。

心当たりがあれば、該当のアプリを一度アンインストールし、問題が解決するかお試しください。

システムの修復をする

セーフモードで起動をしても再起動がうまくいかない場合、システムに問題が発生している可能性があります。

そういった場合には、以下の記事「スタートアップ修復を行う」のセクションを参照し、システムの修復をお試しください。

システムの復元をする

上記の対処法で再起動ができない場合、Windowsに予期せぬ問題が起きていることが考えられます。

そういった場合には以下の記事を参照し、システムの復元でWindowsを以前の状態に戻して、問題が解決するかお試しください。

改善しない場合

上記の方法で問題が改善しない場合は、以下の記事を参照し、Windows 10の初期化や再インストールなどをご検討ください。

上書きインストールする

Windows 10を上書きインストールする方法については、以下の記事をご参照ください。

再インストールする

Windows 10を再インストールする方法については、以下の記事をご参照ください。

初期化する

Windows 10を初期化する方法については、以下の記事をご参照ください。

クリーンインストールする

Windows 10をクリーンインストールする方法については、以下の記事をご参照ください。

このページを見ている人におすすめの商品

その他Windows 10に関する情報





よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top