Office Hack

ワードでショートカットキーを設定(カスタマイズ)する方法

  • Release
  • Update

Wordのショートカットキーを使いこなすと、作業スピードが格段にアップいたします。しかしながら、デフォルトでショートカットキーが割り当てられていないコマンドも数多く存在します。

例えば、「マクロの記録」のショートカットキーは割り当てられておりません。そのような時は、独自に設定しましょう。

Wordのショートカットキー一覧PDFを入手する

WordのショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもWordのショートカットキーを確認できます。

Store.jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

Word(Windows)のPDF販売ページへ

Word(Mac)のPDF販売ページへ

ワードでショートカットキーを設定する方法

ショートカットキーが初期設定で割り当てられてないときに、自身で割り当てることができます。

作業時間:2分

  1. ファイルを選択

    ファイルを押す

    【ファイル】タブを選択します。

  2. オプションを選択

    オプションを押す

    左ナビの一番下【オプション】を選択します。

  3. ユーザー設定ボタンを押す

    ユーザー設定を押す

    「Wordのオプション」ダイアログボックスが開かれるので、①【リボンのユーザー設定】を選択し、②【ユーザー設定】ボタンを押します。

  4. キーボードのユーザー設定画面

    ショートカットキーの設定

    「キーボードのユーザー設定」ダイアログボックスが開かれるので、赤枠の「分類」はタブのエリア、緑枠の「コマンド」はタブ内のコマンドエリアになります。

  5. 新しくキーを割り当てる

    キーの割り当て

    ①【任意の分類を選択】し、②【任意のコマンドを選択】し、③【決めておいたキーを入力】し、④【割り当て】を押します。

  6. 割り当てキーの確定

    キーの割り当ての確定

    「現在のキー」を確認し、【閉じる】ボタンを押します。

  7. ショートカットの独自設定したものを確かめる

    ショートカットキーの設定確認

    先ほど設定した「Alt+M」を押してみます。「ToolsRecordMacroToggle:マクロの記録」が表示されましたので成功です。

おすすめの商品をご紹介

他のショートカットキーも合わせてチェック!

ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

Windows Mac
Excelショートカット一覧ページへ Excelショートカット一覧ページへ
スプレッドシートショートカット一覧ページへ
Wordショートカット一覧ページへ Wordショートカット一覧ページへ
PowerPointショートカット一覧ページへ PowerPointショートカット一覧ページへ
Outlookショートカット一覧ページへ
Teamsショートカット一覧ページへ
Windowsショートカット一覧ページへ
Gmailショートカット一覧ページへ

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top