Office Hack

249個のWordショートカットキー一覧表(Windows版)PDF有

  • by masakazu
  • Release
  • Update

WordのWindows用のショートカットキーを一覧化しました。249個と数が多いので、検索機能をつけて調べたいショートカットキーに辿りやすくしております。ぜひブックマークをしてご活用ください。

簡単に覚えられるものばかりなので、ぜひ試してスピードアップを図りましょう。Wordのバージョンによっては、一部動かない場合がありますのでご了承くださいませ。

その他のショートカットキー一覧は下記の表からリンクできます。

Windows Mac
Excelショートカット一覧ページへ Excelショートカット一覧ページへ
Wordショートカット一覧ページへ Wordショートカット一覧ページへ
PowerPointショートカット一覧ページへ PowerPointショートカット一覧ページへ
Outlookショートカット一覧ページへ
Windowsショートカット一覧ページへ

Wordのショートカットキー一覧PDFを入手する

WordのWindows用のショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもWordのショートカットキーを確認できます。

Store.jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

このページを見ている人限定で、消費税還元クーポン(10%引き)コードを発行します!ショッピングカートに入れた後、ご入力→お支払い→【ご確認】の画面で入力して下さい。

クーポンコード:LeTgceQypA

Word(Windows)のPDF販売ページへ

このページを見ている人におすすめの商品

Wordショートカットキー一覧表(Windows)

説明文にリンクが貼られていて青文字になっているところはクリックでき、そのショートカットに関連する記事が見れます。

説明文 ショートカットキー 分類
文字入力を上書き入力モードに変換します Insert 基本操作
英数字のみの入力に切り替えます CapsLock 基本操作
全角カタカナ→半角カタカナに切り替えます 無変換 基本操作
Enterキーで入力確定後、もう一度変換することができます 変換 基本操作
ひらがなモードにします カタカナ・ひらがな|ローマ字 基本操作
ローマ字入力とかな入力を切り替えます Alt+カタカナ・ひらがな|ローマ字 基本操作
テンキーのオン、オフを切り換えます。テンキーを数字入力の他に、カーソルキーなど別の用途に切り替えて使用します NumLock 基本操作
日本語入力と英数字入力を切り替えます 半角/全角 基本操作
大文字の英字が打てるようになります Shift+CapsLock 基本操作
テキストを太字にする書式の設定と解除を切り替えます
Ctrl+B 基本操作
テキストを斜体にする書式の設定と解除を切り替えます
Ctrl+I 基本操作
テキストを下線にする書式の設定と解除を切り替えます
Ctrl+U 基本操作
[開く]ダイアログボックスを表示します Ctrl+O 全般
ヘルプを表示します F1 全般
すべてを選択します Ctrl+A 全般
文書を新規作成します Ctrl+N 全般
Wordを終了します Alt+F4 全般
キャンセルします
Esc 全般
ウィンドウを閉じます
Ctrl+F4 全般
[選択]作業ウィンドウを表示します Alt+F10 全般
[ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されます Ctrl+F12 全般
ブックマークのダイアログボックスが表示されます Ctrl+Shift+F5 全般
最後に編集した4ヶ所間で表示を切り替えます
Ctrl+Alt+Z 全般
前回の終了位置に移動します Shift+F5 全般
ダイアログボックスを開いたまま文書を切り替えます Alt+F6 全般
前のウィンドウに移動します Ctrl+Shift+F6 全般
プログラムウィンドウを元のサイズに戻します Alt+F5 全般
カーソルの右側にあるオブジェクトを選択します Shift+ 全般
[実行したい作業を入力してください]のテキストボックスに移動します
Alt+Q 全般
Microsoftのシステム情報を表示します Ctrl+Alt+F1 全般
改ページを挿入します
Ctrl+Enter ページ
次ページの先頭に移動します Ctrl+PageDown ページ
前ページの先頭に移動します
Ctrl+PageUp ページ
WEBコンテンツの操作で1ページ進みます Alt+ ページ
WEBコンテンツの操作で1ページ戻ります Alt+ ページ
閲覧モードでnページに移動します nEnter ページ
リボンを展開と折りたたみを切り替えます
Ctrl+F1 リボン
ウィンドウ内の画面要素を順番に切り替えます F6 リボン
タブの一覧に移動します Alt リボン
[ファイル]を開き、Backstageビューを表示します AltF リボン
[ホーム]タブを開きます AltH リボン
[挿入]タブを開きます AltN リボン
[デザイン]タブを開きます AltG リボン
[レイアウト]タブを開きます AltP リボン
[参考資料]タブを開きます AltS リボン
[差し込み文書]タブを開きます AltM リボン
[校閲]タブを開きます AltR リボン
[表示]タブを開きます AltW リボン
[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスを開きます AltNJJ リボン
[言語の選択]ダイアログボックスを開きます AltRUL リボン
Officeクリップボードを開きます AltHFO リボン
タブからリボンに移動します リボン
選択したプルダウンメニューの一覧を開きます リボン
プルダウンメニューを選択します Enter リボン
プルダウンメニューの項目間を移動します リボン
リボンのアクティブタブを選択した後、上下左右に移動します
Alt リボン
リボン上のコマンドにフォーカスを移します
AltTab リボン
リボン上の各コマンドを右に移動します Tab リボン
リボン上の各コマンドを左に移動します Shift+Tab リボン
選択した項目のショートカットメニューを表示します Shift+F10 リボン
リボン上のコントロールの値の修正を終了します Enter リボン
直前のコマンドまたは操作を元に戻します Ctrl+Z 戻る
直前のコマンドまたは操作を繰り返します
Ctrl+Y 繰り返し
作業中のファイルを上書き保存します
Ctrl+S 保存
[名前を付けて保存] を選択します
F12 保存
作業中のファイルを閉じます Ctrl+W 閉じる
文書を印刷します
Ctrl+P 印刷
[新規文書への差し込み]ダイアログボックスを開きます Alt+Shift+N 差し込み印刷
[差し込みフィールドの挿入]ダイアログボックスを開きます Alt+Shift+F 差し込み印刷
[プリンターに差し込み]ダイアログボックスを開きます Alt+Shift+M 差し込み印刷
[エラーの確認方法]ダイアログボックスを開きます Alt+Shift+K 差し込み印刷
差し込み文書のデータ ファイルへのリンクを解除します Alt+Shift+E 差し込み印刷
[ナビゲーション]作業ウィンドウの検索ボックスを開きます Ctrl+F 検索
[検索と置換]ダイアログボックスの[ジャンプ]タブを表示します Ctrl+G 検索
[検索]または[ジャンプ] の動作を繰り返します
Shift+F4 検索
ヘルプコンテンツの検索語句を入力します AltQ 検索
選択した文字のUnicode文字コードを検索します Alt+X 検索
スペルミスまたは文法エラーを検索します Alt+F7 検索
[検索と置換]ダイアログボックスの[置換]タブを表示します Ctrl+H 置換
[ズーム]ダイアログボックスを開きます AltWQ ズーム
印刷プレビューを拡大表示時に、ページ内を移動します ズーム
印刷プレビューを縮小表示時に、ページを1ページ移動します PageUpPageDown ズーム
作業中の文章を切り取ります Ctrl+X 切り取り
選択部分をコピーします Ctrl+C コピー
切り取りまたはコピーした内容を貼り付けます Ctrl+V 貼り付け
段区切りを挿入します
Ctrl+Shift+Enter 挿入
[ハイパーリンクの挿入]のダイアログボックスが表示されます
Ctrl+K 挿入
任意指定のハイフンを挿入します
Ctrl+ 挿入
著作権記号を挿入します
Ctrl+Alt+C 挿入
登録商標記号を挿入します Ctrl+Alt+R 挿入
商標記号を挿入します
Ctrl+Alt+T 挿入
省略記号を挿入します Ctrl+Alt+. 挿入
指定したUnicodeの文字コードに対応するUnicode文字を挿入します
Alt+X 挿入
カーソルの左側の1文字を削除します
BackSpace 削除
カーソルの左側の1単語を削除します Ctrl+BackSpace 削除
カーソルの右側の1文字を削除します Delete 削除
カーソルの右側の1単語を削除します
Ctrl+Delete 削除
1単語分左に移動します
Ctrl+ 移動
1単語分右に移動します Ctrl+ 移動
行の先頭に移動します Home 移動
行の末尾に移動します
End 移動
1段落上に移動します
Ctrl+ 移動
1段落下に移動します
Ctrl+ 移動
スクロールで1画面上に移動します
PageUp 移動
スクロールで1画面下に移動します
PageDown 移動
文書の先頭に移動します
Ctrl+Home 移動
文書の末尾に移動します
Ctrl+End 移動
拡張選択モードを有効にします F8 選択
カーソルの左側の文字を選択します
F8+ 選択
カーソルの右側の文字を選択します
F8+ 選択
選択範囲のサイズを縮小します Shift+F8 選択
拡張モードを無効にします Esc 選択
左へ1文字分選択範囲を拡張します
Shift+ 選択
右へ1文字分選択範囲を拡張します
Shift+ 選択
単語の先頭まで選択範囲を拡張します Ctrl+Shift+ 選択
単語の末尾まで選択範囲を拡張します Ctrl+Shift+ 選択
行頭まで選択範囲を拡張します
Shift+Home 選択
行末まで選択範囲を拡張します
Shift+End 選択
1行上まで選択範囲を拡張します
Shift+ 選択
1行下まで選択範囲を拡張します Shift+ 選択
段落の先頭まで選択範囲を拡張します Ctrl+Shift+ 選択
段落の末尾まで選択範囲を拡張します Ctrl+Shift+ 選択
1画面上まで選択範囲を拡張します Shift+PageUp 選択
1画面下まで選択範囲を拡張します
Shift+PageDown 選択
文書の先頭まで選択範囲を拡張します Ctrl+Shift+Home 選択
文書の末尾まで選択範囲を拡張します Ctrl+Shift+End 選択
ウィンドウの末尾まで選択範囲を拡張します
Ctrl+Alt+Shift+PageDown 選択
テキストボックス、画像などのフローティングシェイプを切り替えます Ctrl+Alt+5+Tab 選択
フローティングシェイプのナビゲーションから、標準のナビゲーションに戻ります
Esc 選択
下書き表示に切り替えます Ctrl+Alt+N 表示
印刷レイアウト表示に切り替えます Ctrl+Alt+P 表示
印刷プレビューに切り替えます Ctrl+Alt+I 表示
アウトライン表示に切り替えます Ctrl+Alt+O 表示
アウトライン表示で段落のレベルを上げます Alt+Shift+ 表示
アウトライン表示で段落のレベルを下げます Alt+Shift+ 表示
アウトライン表示で標準文字列にします Ctrl+Shift+N 表示
アウトライン表示で選択した段落を上に移動します Alt+Shift+ 表示
アウトライン表示で選択した段落を下に移動します Alt+Shift+ 表示
アウトライン表示で見出しに属するテキストを展開します Alt+Shift++ 表示
アウトライン表示で見出しに属するテキストを折りたたみます Alt+Shift+ 表示
アウトライン表示で[レベルの表示]を切り替えます Alt+Shift+A 表示
アウトライン表示で文字書式を表示または非表示にします / 表示
アウトライン表示で[1行目のみ表示]のチェックマークを切り替えます Alt+Shift+L 表示
アウトライン表示で[レベルの表示]をレベル1にします Alt+Shift+1 表示
アウトライン表示でタブ文字を挿入します Ctrl+Tab 表示
閲覧モードで文書の先頭に移動します F9 表示
閲覧モードで文書の末尾に移動します F10 表示
閲覧モードを終了します Esc 表示
選択した英字を大文字にします
Ctrl+Shift+A 文字入力
文字の大文字/小文字または混在を変更します Shift+F3 文字入力
選択した空白以外の単語に下線を引きます
Ctrl+Shift+W 文字入力
選択したテキストに二重下線を引きます
Ctrl+Shift+D 文字入力
隠し文字書式を適用します Ctrl+Shift+H 文字入力
選択した英字を小型英大文字に設定します Ctrl+Shift+K 文字入力
下付き文字を適用します
Ctrl+Shift+= 文字入力
上付き文字を適用します Ctrl+Shift++ 文字入力
[フォント]ダイアログボックスを開きます Ctrl+D 文字入力
選択範囲をSymbolフォントに変更します
Ctrl+Shift+Q 文字入力
手動で設定された選択部分の文字書式を解除します
Ctrl+Space 文字入力
切り取った内容をスパイクに登録します Ctrl+F3 文字入力
スパイクの内容を貼り付けます Ctrl+Shift+F3 文字入力
[新しい文書パーツの作成]ダイアログボックスを開きます
Alt+F3 文字入力
文書の前のセクションで使用したヘッダーまたはフッターをコピーします
Alt+Shift+R 文字入力
フォントサイズを大きくします Ctrl+Shift+> 文字入力
フォントサイズを小さくします Ctrl+Shift+< 文字入力
フォントサイズを1ポイント大きくします Ctrl+] 文字入力
フォントサイズを1ポイント小さくします
Ctrl+[ 文字入力
テキストを中央揃えにします Ctrl+E 文字入力
テキストを左揃えにします Ctrl+L 文字入力
テキストを右揃えにします Ctrl+R 文字入力
テキストから書式をコピーします
Ctrl+Shift+C 文字入力
コピーした書式をテキストに適用します
Ctrl+Shift+V 文字入力
段落の両端揃えと左揃えを切り替えます Ctrl+J 段落
段落書式を解除します Ctrl+Q 段落
[書式の詳細]作業ウィンドウが表示されます
Shift+F1 段落
[スタイルの適用]作業ウィンドウを開きます
Ctrl+Shift+S 段落
[スタイル]作業ウィンドウを開きます
Ctrl+Alt+Shift+S 段落
オートフォーマットを開始します
Ctrl+Alt+K 段落
[見出し1]スタイルを設定します Ctrl+Alt+1 段落
[見出し2]スタイルを設定します
Ctrl+Alt+2 段落
[見出し3]スタイルを適用します
Ctrl+Alt+3 段落
行間を1行に設定します Ctrl+1 行間
行間を2行に設定します Ctrl+2 行間
行間を1.5行に設定します
Ctrl+5 行間
段落直前の行間を1行または0行にします
Ctrl+0 行間
改行を挿入します Shift+Enter 改行
改行をするハイフンを挿入します Ctrl+Shift+ 改行
改行をするスペースを挿入します
Ctrl+Shift+Space 改行
セル内で改行します
Enter 改行
段落の左インデントを設定します Ctrl+M インデント
段落の左インデントを削除します
Ctrl+Shift+M インデント
ぶら下げインデントを設定します
Ctrl+T インデント
ぶら下げインデントを段階的に解除します
Ctrl+Shift+T インデント
[目次項目の登録]のダイアログボックスが開きます Alt+Shift+O 参照設定
目次コンテナーの[目次]ボタンを選択します Alt+Shift+F12 参照設定
[引用文の登録]のダイアログボックスが開きます Alt+Shift+I 参照設定
[索引登録]のダイアログボックスが開きます Alt+Shift+X 参照設定
脚注を挿入します Ctrl+Alt+F 参照設定
文末脚注を挿入します Ctrl+Alt+D 参照設定
次の脚注に移動します AltSON 参照設定
前の脚注に移動します AltSOP 参照設定
フォントサイズを大きくします
Ctrl+Shift+> 書式設定
フォントサイズを小さくします
Ctrl+Shift+< 書式設定
フォントサイズを1ポイント大きくします
Ctrl+] 書式設定
フォントサイズを1ポイント小さくします Ctrl+[ 書式設定
テキストを中央揃えにします Ctrl+E 書式設定
テキストを左揃えにします Ctrl+L 書式設定
テキストを右揃えにします Ctrl+R 書式設定
テキストから書式をコピーします
Ctrl+Shift+C 書式設定
コピーした書式をテキストに適用します
Ctrl+Shift+V 書式設定
数式プレースホルダーを挿入します Alt+Shift+= 数式
1つ左のセルに移動します
1つ右のセルに移動します
1つ上のセルに移動します
1つ下のセルに移動します
行の先頭セルに移動します Alt+Home
行の最終セルに移動します Alt+End
列の先頭セルに移動します Alt+PageUp
列の最終セルに移動します Alt+PageDown
行内の最初のセルで行の左端から右端までを選択します
Shift+Alt+End
行内の最後のセルで行の右端から左端までを選択します
Shift+Alt+Home
列の先頭から末尾まで選択します
Shift+Alt+PageDown
列の末尾から先頭まで選択します Shift+Alt+PageUp
選択範囲を拡張して隣接するセルも選択します
Shift+
選択範囲を縦横に拡張します
Ctrl+Shift+F8+
セル内にタブを挿入します Ctrl+Tab
DATEフィールドを挿入します Alt+Shift+D フィールド
LISTNUMフィールドを挿入します Ctrl+Alt+L フィールド
PAGEフィールドを挿入します Alt+Shift+P フィールド
TIMEフィールドを挿入します Alt+Shift+T フィールド
空のフィールドを挿入します Ctrl+F9 フィールド
Wordのリンク元文書のリンクされた情報を更新します Ctrl+Shift+F7 フィールド
フィールドのリンクを解除します Ctrl+Shift+F9 フィールド
すべてのフィールドコードと実行結果の表示を切り替えます Alt+F9 フィールド
次のフィールドに移動します Alt+F1 フィールド
前のフィールドに移動します Shift+F11 フィールド
選択したフィールドを更新します F9 フィールド
フィールドをロックします Ctrl+F11 フィールド
フィールドのロックを解除します Ctrl+Shift+F11 フィールド
リボン上のグループ間を移動します
Ctrl+ グループ
現在選択されているグループ内を移動します
グループ
スペルチェックと文章校正を行います F7 校閲
コメントを挿入します Alt+C 校閲
変更履歴の記録のオンとオフを切り替えます Ctrl+Shift+E 校閲
[変更履歴]ウィンドウを閉じます Alt+Shift+C 校閲
校正言語の一覧を確認します 校閲
[類義語] ([校閲]タブ、[文章校正]グループ)を選択します Shift+F7 校閲
Microsoft Visual Basicコードを表示します Alt+F11 マクロ
マクロを実行します Alt+F8 マクロ

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top