Office Hack

覚えれば上級者!Wordのフィールドに関するショートカットキー

  • by masakazu
  • Release
  • Update

Wordのフィールドを自由自在に使える方は、Wordユーザーの中でもごく少数です。

その中でも、フィールドをショートカットキーで使える方はかなりのWord上級者です。

ぜひ、フィールドのショートカットキーのマスターに挑戦してみましょう。

DATEフィールドを挿入する

Alt+Shift+Dを押すと、DATEフィールドが挿入されます。

Macの場合:control+shift+D

LISTNUMフィールドを挿入する

Ctrl+Alt+Lを押すと、LISTNUMフィールドが挿入されます。

Macの場合:+option+shift+L

Pageフィールドを挿入する

Alt+Shift+Pを押すと、Pageフィールドが挿入されます。

Macの場合:control+shift+P

Timeフィールドを挿入する

Alt+Shift+Tを押すと、Pageフィールドが挿入されます。

Macの場合:control+shift+T

空のフィールドを挿入する

Ctrl+F9を押すと、空のフィールドが挿入されます。

Macの場合:+F9

フィールドのリンクを解除する

フィールドを挿入したページを用意し、リンクを解除したいフィールドを選択します。

Ctrl+Shift+F9を押すと、選択したフィールドのリンクが解除されます。

Macの場合:+shift+F9

一つのフィールドコードとその実行結果の表示を切り替える

フィールドを挿入したページを用意し、フィールドコードを表示したいフィールドを選択します。

shift+F9を押すと、選択したフィールドがフィールドコード表示に切り替わります。

もう一度押すと、フィールドコードが表示される前の実行結果に戻ります。

すべてのフィールドコードと実行結果の表示を切り替える

フィールドを挿入したページを用意します。

Alt+F9を押すと、すべてのフィールドがフィールドコード表示に切り替わります。

もう一度押すと、フィールドコードが表示される前の実行結果に戻ります。

Macの場合:option+F9

次のフィールドに移動する

フィールドを挿入したページを用意し、上のフィールドを選択します。

Alt+F1を押すと、次のフィールドに移動します。

Macの場合:F11

前のフィールドに移動する

フィールドを挿入したページを用意し、下のフィールドを選択します。

Shift+F11を押すと、前のフィールドに移動します。

Macの場合:shift+F11

選択したフィールドを更新する

フィールドを挿入したページを用意し、更新したいフィールドを選択します。

F9を押すと、選択したフィールドが更新されます。

今回はF9を押したことでDATEフィールドが更新され、表示される日付が「2019/4/20」となりました。

Macの場合:F9

フィールドをロックする

フィールドを挿入したページを用意し、ロックしたいフィールドを選択します。

Ctrl+F11を押すと、選択したフィールドがロックされ更新できなくなります。

Macの場合:+F11

フィールドのロックを解除する

フィールドを挿入したページを用意し、ロックを解除したいフィールドを選択します。

Ctrl+Shift+F11を押すと、選択したフィールドがロックが解除され、編集や更新ができる状態になりました。

Macの場合:+shift+F11

他のショートカットキーも合わせてチェック!

ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

この記事のおすすめ商品

気に入ったらSHARE!!