投稿者:公開日: 

これだけは押さえたい!よく使うWordショートカットキー

これだけは押さえたい!よく使うWordショートカットキー

はじめに

Wordで文書作成をしているとき、作業時間を削減して効率よく作業を進めたい!と思いませんか?ショートカットキーがその悩みを解決してくれます。

とは言っても大量にあるショートカットキーをどこから覚えればいいかわからない・・・そんなあなたのために、これだけは押さえておきたい、よく使う操作のショートカットキーを集めました。

ここに書いてあるショートカットキーを覚えれば脱Word初心者間違いなし!このショートカットキーを活用して作業効率を大幅にアップさせましょう。

ファイルを開くショートカットキー

開く

ファイルを開くには、Ctrl+Oとなります。

Macの場合:O

切り取りのショートカットキー

切り取り

選択された文字列を切り取りとるには、Ctrl+Xとなります。

Macの場合:X

カット

文字列が切り取られました。切り取られたデータは別の場所に貼り付けることが可能です。

コピーのショートカットキー

コピー

選択された文字列をコピーするには、Ctrl+Cとなります。

Macの場合:C

貼り付けのショートカットキー

ペースト

切り取った文字列やコピーした文字列を貼り付けるには、Ctrl+Vとなります。

Macの場合:V

直前の操作やコマンドを元に戻すショートカットキー

直前の操作を元に戻す

作業を一つ戻したいときに利用します。直前の操作を元に戻すには、Ctrl+Zとなります。

Macの場合:Z

元に戻す

直前の操作を元に戻しました。

直前の操作やコマンドを繰り返すショートカットキー

直前の操作を繰り返す

操作を繰り返すには、Ctrl+Yとなります。

Macの場合:Y

繰り返す

直前の操作が繰り返されました。

テキストを太字にするショートカットキー

太字にする

選択された文字列を太字にするには、Ctrl+Bとなります。

Macの場合:B

太字

選択された文字列が太字になりました。

もう一度同じボタンを押すと、選択された太字が元に戻ります。

テキストを斜体にするショートカットキー

斜体にする

選択された文字列を斜体にするには、Ctrl+Iとなります。

Macの場合:I

斜体

選択された文字列が斜体になりました。

もう一度同じボタンを押すと、選択された斜体が元に戻ります。

テキストに下線を引くショートカットキー

下線を引く

選択された文字列に下線を引くには、Ctrl+Uとなります。

Macの場合:U

下線

選択された文字列に下線が引かれました。

もう一度同じボタンを押すと、選択された下線が元に戻ります。

取り消し線を適用するショートカットキー(Macのみ)

取り消し線

取り消し線を表示するには、shiftXとなります。

ナビゲーションを開くショートカットキー

検索ボックスを開く

指定の文字列のみを抽出するナビゲーションを開くには、Ctrl+Fとなります。

Macの場合:controlF

検索ボックスから文字列を抽出

ナビゲーションのテキストボックスに『パイナップル』と入力してEnterを押してみましょう。

ページの中に該当する文字列「パイナップル」のみが抽出されることがわかります。

印刷するショートカットキー

印刷をする

印刷をするには、Ctrl+Pとなります。

Macの場合:P

上書き保存するショートカットキー

上書き保存する

作業中のファイルを上書き保存するには、Ctrl+Sとなります。

Macの場合:S

名前を付けて保存するショートカットキー

名前を付けて保存する

作業中のファイルを名前を付けて保存するには、F12となります。

Macの場合:shiftS

作業中のウィンドウを閉じるショートカットキー

閉じる

作業中のファイルを閉じるには、Ctrl+Wとなります。

Macの場合:W

ヘルプを表示するショートカットキー

ヘルプ

ヘルプを表示するには、F1となります。

Macの場合:/

他のショートカットキーも合わせてチェック!

Office Hackでは、ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

便利で見やすい!245個のWordショートカットキー一覧表(Win/Mac)