Office Hack

Microsoft 365(旧Office 365)の種類やインストール方法など

  • Release
  • Update

Microsoftには、サブスクリプション型のMicrosoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)などのサービスがあります。

Microsoft 365(旧Office 365)の利用想定者ごとの種類やインストール方法などをご紹介します。

Microsoft 365(旧Office 365)とは?

Office 365(オフィス365)とは?

Office 365は、Microsoftが2011年6月28日に法人向けに提供を開始したサブスクリプションサービスです。

サブスクリプションとは、商品やサービスを「一定期間利用できる権利」のことです。

Office 365の利用期間中は、メジャーアップデートも含めた最新のOfficeを利用でき、Share Pointなどのビジネス環境向けクラウドサービスを受けることができる点が特徴となっておりました。

その後、個人利用向けのOffice 365 Soloもサービス提供が始まり、2020年4月22日には、Office 365の多くのサービス名はMicrosoft 365へと名称変更しました。

サービス内容に大きな変更点はなく、2020年11月6日現在も月額ないしは年額で、常に最新版のWordなどのMicrosoftのオフィススイート(オフィスソフトウェア一式)を利用することができます。

Office 365のアカウントについて

Microsoft 365(旧Office 365)を利用するためには、アカウント登録が必要です。

一般向けのMicrosoft 365 Personalなどの利用には、Microsoftアカウントの登録が必要であり、ビジネス用のMicrosoft 365 Business(旧Office 365 Business)などの利用には、ビジネス用のMicrosoftアカウント(旧Office 365のアカウント)が必要となっております。

Microsoft 365を利用する際に必要となるMicrosoftアカウントについて、詳しくは下記の記事をご参照ください。

Windowsで使えるMicrosoft 365(Office 365)について

個人向けのMicrosoft 365について

Microsoft 365 Personal

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)は、個人向けのMicrosoft Officeのサブスクリプションです。インストール台数に制限はなく、同時に5台までのデバイスで使用可能となっています。

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)について、詳しくは下記の記事をご参照ください。

ビジネス向けのMicrosoft 365について

Microsoftのビジネス向けMicrosoft 365には、3つのビジネスプランと、オフィスソフトの利用に特化したMicrosoft 365 Apps for businessがあります。

Microsoft 365 Business

公式サイトのMicrosoft 365 Businessを開き、【プランと確認を見る】から詳細を見ることができます。

ビジネス向けのMicrosoft 365の価格やプランは下記のとおりです。

 Microsoft 365 Business
Basic
Microsoft 365 Business
Standard
Microsoft 365 Business
Premium
Microsoft 365 Apps for business
購入形態サブスクリプション
(月額もしくは年額)
サブスクリプション
(月額もしくは年額)
サブスクリプション
(月額もしくは年額)
サブスクリプション
(月額もしくは年額)
1ユーザーあたりの月利用料(税込)¥594
公式ストアへ
¥1,496
公式ストアへ
¥2,398
公式ストアへ
¥990
公式ストアへ
使用可能なデバイスWindows PC、Mac
Windows PC、Mac
Windows PC、Mac
Windows PC、Mac
スマートフォン、タブレット等の対応OSWindows、iOS、AndroidWindows、iOS、AndroidWindows、iOS、AndroidWindows、iOS、Android
インストール可能な端末上限スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大10台)
※PC版はなし
PC、スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大15台)
PC、スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大15台)
PC、スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大15台)
商用利用
含まれる
Office アプリ
Word
Excel
PowerPoint
(Web版とモバイル版のみ利用可)
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Access※1
Publisher※1
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Access※1
Publisher※1
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Access※1
Publisher※1
含まれる
クラウドサービス
OneDrive
Teams
Exchange
SharePoint
OneDrive
Teams
Exchange
SharePoint
OneDrive
Teams
Exchange
SharePoint
Intune
Azure Information Protection
OneDrive
OneDrive1TB 1TB 1TB 1TB
法人メールなし
Teamsでのオンライン会議やビデオ通話なし
ビジネス管理と共有ツール なし
最新の更新プログラムへのアクセスなし
高度な脅威対策なしなしなし

※1 Window PCでのみインストール可能

Microsoft 365 Business

Microsoft 365 Business(旧Office 365 Business)には、下記の3つのビジネスプランがあります。

  • Microsoft 365 Business Basic(旧Office 365 Business Essentials)
  • Microsoft 365 Business Standard(旧Office 365 Business Premium)
  • Microsoft 365 Business Premium(旧Microsoft 365 Business)

Microsoft 365 Business(旧Office 365 Business)の詳細は、下記の記事をご参照ください。

Microsoft 365 Apps for business

Microsoft 365 Apps for business(旧Office 365 Business)は、オフィスソフトの利用に特化したMicrosoft 365のビジネスプランです。

Microsoft 365 Appsで利用できるオフィスソフトは、下記のとおりです。

 利用できるソフトウェア
Web 版Word
Excel
PowerPoint
モバイル版Word
Excel
PowerPoint
OneNote
デスクトップ版
Windows PC、Mac
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access※
Publisher※

※Window PCでのみインストール可能

大企業向けのMicrosoft 365について

Microsoft 365 大企業

利用者数500人以上の大企業向けのMicrosoft 365やOffice 365には、Microsoft 365 Apps for enterprise(旧Office 365 ProPlus)などがあります。

公式サイトの大企業向け Microsoft 365にて、価格とプランを確認することができます。

また、大企業向けサブスクリプションには「Microsoft 365」と「Office 365」があります。

下記記事ではMicrosoft 365 Apps for enterprise(旧Office 365 Proplus)をOffice 365 E3などの大企業向けサブスクリプションと比較しています。ご参照ください。

学生・教職員向けのOffice 365について

Office 365 Education

学生・教職員向けサブスクリプションには、Office 365 Educationがあります。

学校とMicrosoftの契約により、無料で利用できる範囲や機能が異なるため、学校のメールアドレスをお持ちの方は、公式サイトのOffice 365 Educationに①『学校のメールアドレス』を入力し、②【はじめましょう】ボタンを押してご確認ください。

Office 365 Educationのプランと価格は下記のとおりです。

 Office 365 Education
プラン名 Office 365 A1Office 365 A3Office 365 A5
購入形態サブスクリプション
(月額もしくは年額)
サブスクリプション
(月額もしくは年額)
サブスクリプション
(月額もしくは年額)
学生価格(税込)
1ユーザー/月相当
無料297円/月715円/月
教員価格(税込)
1ユーザー/月相当
無料385円/月957円/月
使用可能なデバイスWindows、MacWindows、MacWindows、Mac
スマートフォン、タブレット等の対応OSWindows、iOS、AndroidWindows、iOS、AndroidWindows、iOS、Android
最大インストール数スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大10台)
※PC版はなし
PC、スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大15台)
PC、スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大15台)
商用利用
含まれるOffice アプリWord
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
(Web版のみ)
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
Publisher※
Access※
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
Publisher※
Access※
含まれるクラウドサービスOneDrive
SharePoint
Teams
Exchange
OneDrive
SharePoint
Teams
Exchange
OneDrive
SharePoint
Teams
Exchange
OneDrive1TB1TB1TB
最新の更新プログラムへのアクセス
技術サポート

※ Window PCでのみインストール可能

下記記事に、Office 365 Educationの無料で使えるプランや有料プランの価格、機能比較などの詳細がございます。ご参照ください。

Macで使えるMicrosoft 365(旧Office 365)について

個人向けのMicrosoft 365について

Microsoft 365 Personal

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)は、WindowsとMacどちらでも利用可能な個人向けのMicrosoft Officeのサブスクリプションです。インストール台数に制限はなく、同時に5台までのデバイスで使用可能となっています。

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)について、詳しくは下記の記事をご参照ください。

ビジネス向けのMicrosoft 365について

Macで使えるMicrosoftのビジネス向けMicrosoft 365には、3つのビジネスプランと、オフィスソフトの利用に特化したMicrosoft 365 Apps for businessがあります。

Microsoft 365 Business

公式サイトのMicrosoft 365 Businessを開き、【プランと確認を見る】から詳細を見ることができます。

ビジネス向けのMicrosoft 365の価格やプランは下記のとおりです。

 Microsoft 365 Business
Basic
Microsoft 365 Business
Standard
Microsoft 365 Business
Premium
Microsoft 365 Apps for business
購入形態サブスクリプション
(月額もしくは年額)
サブスクリプション
(月額もしくは年額)
サブスクリプション
(月額もしくは年額)
サブスクリプション
(月額もしくは年額)
1ユーザーあたりの月利用料(税込)¥594
公式ストアへ
¥1,496
公式ストアへ
¥2,398
公式ストアへ
¥990
公式ストアへ
使用可能なデバイスWindows PC、Mac
Windows PC、Mac
Windows PC、Mac
Windows PC、Mac
スマートフォン、タブレット等の対応OSWindows、iOS、AndroidWindows、iOS、AndroidWindows、iOS、AndroidWindows、iOS、Android
インストール可能な端末上限スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大10台)
※PC版はなし
PC、スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大15台)
PC、スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大15台)
PC、スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大15台)
商用利用
含まれる
Office アプリ
Word
Excel
PowerPoint
(Web版とモバイル版のみ利用可)
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Access※1
Publisher※1
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Access※1
Publisher※1
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Access※1
Publisher※1
含まれる
クラウドサービス
OneDrive
Teams
Exchange
SharePoint
OneDrive
Teams
Exchange
SharePoint
OneDrive
Teams
Exchange
SharePoint
Intune
Azure Information Protection
OneDrive
OneDrive1TB 1TB 1TB 1TB
法人メールなし
Teamsでのオンライン会議やビデオ通話なし
ビジネス管理と共有ツール なし
最新の更新プログラムへのアクセスなし
高度な脅威対策なしなしなし

※1 Window PCでのみインストール可能

Microsoft 365 Business

Microsoft 365 Business(旧Office 365 Business)には、下記の3つのビジネスプランがあります。

  • Microsoft 365 Business Basic(旧Office 365 Business Essentials)
  • Microsoft 365 Business Standard(旧Office 365 Business Premium)
  • Microsoft 365 Business Premium(旧Microsoft 365 Business)

Microsoft 365 Business(旧Office 365 Business)の詳細は、下記の記事をご参照ください。

Microsoft 365 Apps for business

Microsoft 365 Apps for business(旧Office 365 Business)は、オフィスソフトの利用に特化したMicrosoft 365のビジネスプランです。

Microsoft 365 Appsで利用できるオフィスソフトは、下記のとおりです。

 利用できるソフトウェア
Web 版Word
Excel
PowerPoint
モバイル版Word
Excel
PowerPoint
OneNote
デスクトップ版
Windows PC、Mac
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Access※
Publisher※

※Window PCでのみインストール可能

大企業向けのMicrosoft 365について

Microsoft 365 大企業

利用者数500人以上の大企業向けのMicrosoft 365やOffice 365には、Microsoft 365 Apps for enterprise(旧Office 365 ProPlus)などがあります。

公式サイトの大企業向け Microsoft 365にて、価格とプランを確認することができます。

また、大企業向けサブスクリプションには「Microsoft 365」と「Office 365」があります。

下記記事ではMicrosoft 365 Apps for enterprise(旧Office 365 Proplus)をOffice 365 E3などの大企業向けサブスクリプションと比較しています。ご参照ください。

学生・教職員向けのOffice 365について

Office 365 Education

学生・教職員向けサブスクリプションには、Office 365 Educationがあります。

学校とMicrosoftの契約により、無料で利用できる範囲や機能が異なるため、学校のメールアドレスをお持ちの方は、公式サイトのOffice 365 Educationに①『学校のメールアドレス』を入力し、②【はじめましょう】ボタンを押してご確認ください。

Office 365 Educationのプランと価格は下記のとおりです。

 Office 365 Education
プラン名 Office 365 A1Office 365 A3Office 365 A5
購入形態サブスクリプション
(月額もしくは年額)
サブスクリプション
(月額もしくは年額)
サブスクリプション
(月額もしくは年額)
学生価格(税込)
1ユーザー/月相当
無料297円/月715円/月
教員価格(税込)
1ユーザー/月相当
無料385円/月957円/月
使用可能なデバイスWindows、MacWindows、MacWindows、Mac
スマートフォン、タブレット等の対応OSWindows、iOS、AndroidWindows、iOS、AndroidWindows、iOS、Android
最大インストール数スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大10台)
※PC版はなし
PC、スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大15台)
PC、スマートフォン、タブレット
それぞれ5台
(合計最大15台)
商用利用
含まれるOffice アプリWord
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
(Web版のみ)
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
Publisher※
Access※
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
Publisher※
Access※
含まれるクラウドサービスOneDrive
SharePoint
Teams
Exchange
OneDrive
SharePoint
Teams
Exchange
OneDrive
SharePoint
Teams
Exchange
OneDrive1TB1TB1TB
最新の更新プログラムへのアクセス
技術サポート

※ Window PCでのみインストール可能

下記記事に、Office 365 Educationの無料で使えるプランや有料プランの価格、機能比較などの詳細がございます。ご参照ください。

日本では未提供のMicrosoft 365について

Microsoft 365 Fammily(旧Office 365 Home)

Microsoftには家族で共有使用できる、家族向けのMicrosoft 365 Fammily(旧Office 365 Home)がありますが、2020年11月6日現在日本ではまだ提供されていません。

Microsoft 365 Fammily(旧Office 365 Home)についての詳細は、下記記事にございます。

Microsoft 365(旧Office 365)のダウンロード/インストール方法

プロダクトキー(Productkey)の入力方法

Microsoft 365のライセンス認証には、Microsoft 365のプロダクトキーが必要になります。

プロダクトキーについての詳細は下記の記事をご参照ください。

Windowsにインストールする方法

下記記事の「Windows 10にダウンロード/インストールする」にMicrosoft 365 Personalをダウンロード/インストールする手順の記載がございます。ご参照ください。

Macにインストールする方法

下記記事の「Microsoft 365 for Macのインストール方法」にMicrosoft 365 Personalをダウンロード/インストールする手順の記載がございます。ご参照ください。

サインイン(signin)/ログイン(login)する方法

ブラウザと、Officeのソフトウェアそれぞれからサインイン(ログイン)する方法は下記記事にございます。ご参照ください。

Microsoft 365(旧Office 365)の使い方

Microsoft 365には、オフィス作業に役立つ様々なソフトウェアがあります。このセクションでは、Microsoft 365で利用できるMicrosoftのオフィスソフトをいくつかご紹介します。

Word(ワード)の使い方

WordはMicrosoftの文章作成ソフトです。Microsoft 365では、プランによってWeb版もしくはデスクトップ版のWordを利用することができます。

Wordの基本的な使い方に関しては、下記の記事をご参照ください。

Exce(エクセル)の使い方

Excelは、Microsoftの表計算ソフトです。Microsoft 365では、プランによってWeb版もしくはデスクトップ版のExcelを利用することができます。

Excelの基本的な使い方に関しては、下記の記事をご参照ください。

PowerPoint(パワーポイント)の使い方

PowerPointは、Microsoftのプレゼンテーションなどに役立つスライド作成ソフトです。Microsoft 365では、プランによってWeb版もしくはデスクトップ版を利用することができます。

PowerPointの基本的な使い方に関しては、下記の記事をご参照ください。

OneDrive(ワンドライブ)の使い方

OneDriveは、Microsoftのクラウドサービスです。どのMicrosoft 365プランでも1TBの容量を利用することができ、OneDriveを利用してWordファイルなどを共有することが可能です。

OneDriveの詳細は、下記の記事をご参照ください。

e-mailソフトOutlook(アウトルック)の使い方

Microsoft 365では、e-maiソフトのOutlookを利用することができます。

下記記事の「Outlookの使い方」セクションにサインイン方法や、基本的な使い方の記載がございます。ご参照ください。

Teams(チームズ)の使い方

ビジネス向けのMicrosoft 365 Businessや、学生向けのOffice 365 Educationなどでは、コミニケションツールであるTeamsを利用することができます。

Teamsの使い方に関しては、下記の記事をご参照ください。

アップデートの仕方について

Microsoft 365(Office 365)は、常に最新版のオフィスソフトを利用できる点が特徴となっております。

アップデート方法に関しましては、下記記事に「Microsoft 365 Personal(Office 365 Solo)のアップデート方法」がございます。ご参照ください。

Microsoft 365の障害情報について

Microsoft 365(もしくはOffice 365)にサインインできないなどのエラーが起きた場合は、Microsoft 365に障害が発生している可能性もございます。下記記事をご参照ください。

解約方法について

Microsoft 365 Personalの場合

Microsoft 365に解約方法については、下記記事の「Microsoft 365 Personalの解約方法」セクションをご参照ください。


  

Microsoft 365 Businessの場合

ライセンス数が25未満の場合は、下記の記事「Office 365 Business試用版の解約」セクションの方法で解約が可能です。ご参照ください。

ライセンス数が25より多い場合は、「Microsoftサポート」より解約が可能です。お問い合わせください。

このページを見ている人におすすめの商品

3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

[Microsoft 365 基本情報]の関連記事

当サイトは、マイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top